『時をかける少女[再タイミング版]』などを上映 東京国立近代美術館フィルムセンター再開後の特別企画にて

SPICER
時をかける少女[再タイミング版] ⓒKADOKAWA1983

時をかける少女[再タイミング版] ⓒKADOKAWA1983

画像を全て表示(3件)

上映企画『よみがえるフィルムと技術』が、2017年5月13日(土)~5月21日(日)にかけて東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催される。

フィルムセンター(NFC)は電気工事等により休館していたが、今年5月13日(土)より上映・展示・図書室そろって再開する予定だ。『よみがえるフィルムと技術』は再開後最初の上映企画となる。

本企画は、一般社団法人 日本映画テレビ技術協会の創立70周年を記念して開催されるもの。日本映画の画面や音響を創り上げてきた撮影・照明・美術・録音など各パートの技術、そしてそれらを支えるラボ(現像所)の技術を再発見する試みとなっている。

期間中は、日本映画技術賞(選奨含む)を受賞した14本(10プログラム)を上映。加えて、『時をかける少女[再タイミング版]』『ジャズ娘誕生』など東京国立近代美術館フィルムセンターが2015~2016年度に復元した4本(3プログラム)の作品を上映する。

ジャズ娘誕生

ジャズ娘誕生

千人針

千人針

さらに、研究員によるトークイベントを開催するほか、日本映画テレビ技術協会との共催によるアーカイブセミナーの実施も予定されているとのこと(定員制、事前申込あり)。気になる方はぜひ足を運ぼう。

イベント情報
よみがえるフィルムと技術 Rediscovering the Beauty of Film and Film Technique

会 期:2017年5月13日(土)~5月21日(日)*月曜休館
会 場:東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール(2階)
料 金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズは無料
URL:http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/yomigaeru-2017-5/
シェア / 保存先を選択