高橋優がラジオの公開収録で新曲「ロードムービー」をアコギで弾き語り「原点回帰のような気持ち」

ニュース
2017.4.16
高橋 優

高橋 優

画像を全て表示(4件)

高橋優が、シングル「ロードムービー」の発売を記念して、4月15日(土)六本木ヒルズアリーナにて開催中の『CRAFT SAKE WEEK』の会場にてJ-WAVE(81.3FM)「STEP ONE」の公開収録のゲストとして登場した。

4月7日(金)~16日(日)の期間中、『CRAFT SAKE WEEK』という日本全国選りすぐりの100蔵の日本酒と一流レストランの料理が楽しめる“SAKE”イベントが開催されていることから、会場一面には桜の花束が広がっており、この季節ならではの華やかな雰囲気に包まれる会場。公開収録が始まり、ゲストの高橋優が呼び込まれると会場に集まった観客からは大きな歓声が上がった。

高橋優

高橋優

日本酒を楽しみながら見ているお客さんもいるという会場の雰囲気を肌で感じながら、高橋優はお酒の楽しみ方についてのトークから公開収録をスタートした。地元秋田の日本酒や、好きな日本酒について、さらにはライブツアーの打ち上げ時の、お酒やおつまみのお話も飛び出し会場は和やかなムードに包まれる。

続いて、4月12日(水)に発売となったニューシングル「ロードムービー」についてのトークを展開。現在開催中の全国ホール&アリーナツアー『2016-2017「来し方行く末」』で全国を回りながら、ライブで会えるお客さんを想像し、様々な想いをしたためて書いた、今だからこそ書けた曲であるという新曲「ロードムービー」への熱い想いを語った。

公開収録中の様子

公開収録中の様子

そんな「ロードムービー」の話を受けて、MCのサッシャから「是非とも生で聞きたい」という要望が出ると、会場からも大きな歓声が上がり、アコースティックギターの弾き語りで「ロードムービー」をパフォーマンスした。既にテレビやライブでは「ロードムービー」のパフォーマンスもされており、おなじみの新曲ではあるが、アコースティックギター1本で弾き語りパフォーマンスすることは今回が初めて。この日だけのプレミアムなライブパフォーマンスとなった。

デビュー前は路上ライブで活動していた高橋だが、今回のような観覧フリーの会場でパフォーマンスすることは久々だったそうで、「原点回帰のような気持ち」と高橋は語った。

イベントの模様は4月17日(月)のJ-WAVE(81.3FM)「STEP ONE」(9:00-13:00)内でOA予定となっている。

ラジオ情報
J-WAVE(81.3FM)『STEP ONE』

■放送局:J-WAVE(81.3FM)
■放送日時:月曜~木曜 9:00~13:00
■番組ナビゲーター:サッシャ
■番組アシスタント:寺岡歩美(sugar me)
■番組HP:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/
シェア / 保存先を選択