実写『ダブルミンツ』予告編が解禁 映画版に刺激をうけた中村明日美子氏描き下ろしの特別編も掲載へ

SPICER
映画『ダブルミンツ』 (C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

映画『ダブルミンツ』 (C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

画像を全て表示(5件)

4月28日公開の映画『ダブルミンツ』から、予告編が公開された。

『ダブルミンツ』は、思春期にゆれる少年たちのラブストーリー『同級生』で知られる中村明日美子原作のダークBLコミック。犯罪と暴力の中で男たちの愛憎が入り混じる、中村氏の漫画の中でも特に衝撃的な作品だ。劇中では、高校時代に強者と弱者の主従関係となっていた、同じ「ミツオ」の名前を持つ二人の男が衝撃的な再会を果たし、取り返しのつかない運命をたどる姿を描く。なお、中村氏の作品が実写化されるのは、本作が初めて。メガホンをとるのは『下衆の愛』がロッテルダム国際映画祭ほか30以上の海外の国際映画祭で上映されて話題を呼んだ内田英治監督。

 

 

 

公開された予告編では、須賀健太演じる市川光央が、川籠石駿平演じる壱河光夫に「お前は俺の犬になれ」と言い放つ刺激的な高校時代のシーンから、成長した光央(田中俊介)と光夫(淵上泰史)が再会し、ただならぬ関係の中で闇の世界に堕ちていく様子が描かれている。原作ファンにとっては特に印象的なシーンがフラッシュバックで挿入されており、期待感をあおる映像となっている。なお、同作は、原作を忠実に映像化しつつも、原作からよりディテールを膨らませたオリジナルな内容も付け加えられているという。 

 

映画『ダブルミンツ』 (C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

映画『ダブルミンツ』 (C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

映画『ダブルミンツ』 (C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

映画『ダブルミンツ』 (C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

 

なお、 いちはやく完成した作品を観た原作者・中村明日美子氏が、原作を膨らませた映画版のディテールから刺激を受けて、『ダブルミンツ』特別編を描き下ろしたとのこと。特別編は、4月28日発売の雑誌『OPERA』(茜新社)に掲載される。

映画『ダブルミンツ』は6月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー。

作品情報
映画『ダブルミンツ』
(2017年/日本映画)
監督/脚本:内田英治
原作:中村明日美子「ダブルミンツ」(茜新社刊) 
出演:淵上泰史、田中俊介、須賀健太、川籠石駿平、冨手麻妙、高橋和也、小木茂光 
配給:アーク・フィルムズ、スターキャット 
(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
シェア / 保存先を選択