清水富美加&松井玲奈のW主演映画『笑う招き猫』 公開初日に松井玲奈が“空耳”を招く!?

レポート
2017.4.29
映画『笑う招き猫』舞台挨拶 (C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会

映画『笑う招き猫』舞台挨拶 (C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会

清水富美加松井玲奈が売れない女漫才師役に挑んだ映画『笑う招き猫』が、4月29日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショーとなった。公開初日を迎えた29日には、主演の松井玲奈、共演の落合モトキ前野朋哉なすなかにし、飯塚健監督が舞台挨拶を行った。

舞台挨拶では、映画タイトルにちなんで “○○を招く”というトークテーマが出題され、松井は「難しいですよ~」と悩みつつも「空耳を招く」と回答。「言葉は聞こえるけれど、理解が頭の回路でおかしくなる」と説明した。

この日も那須の「トイレに入るの不可能だった !」という言葉を「福山雅治がいた !」と勝手に脳内変換したそうで「『え?福山雅治さんがスペシャルゲストに来るの? ここで一曲歌ってくれるのかな?』と思った。“不可能”と言うところを聞き間違えたみたい」と尋常ならざる空耳ぶりで笑いを起こした。 

落合は「超個人的ですけど……」と切り出して「テレ東の『午後のロード―ショー』を見ていたら3日連続で人が丸のみにされる映画に当たった。だから“丸のみ”を招く。チャンネルを合わせるたびに人がそのまま食べられてしまうシーンで。最後はアナコンダが人を吐き出していましたね」と回想。それに中西は「じゃあ、この映画にも丸のみシーンがあるのかも?」と盛り上げた。 

次々と繰り広げられる共演者の面白エピソードの連続に焦った前野は、「話しかけてくるタクシードライバーに連続で遭遇した」と“招く”話を始めるが、なすなかにしからは「エピソード薄っ !」とのツッコミが入り、前野は「結構考えたけれど……誤解を招くとか? でもそれについてのエピソードは特にないです。言葉がただ思い浮かんだだけで」と残念がっていた。

中西は“誤解を招く”を引き継いで「道を歩いていたら前から人が来て『あ~』と言われた。ファンなのかと思ったら『違うわ、工場長じゃない !』と人間違いの誤解でした。おそらく僕のような顔の工場長がこの付近にいるはず」と笑わせた。 

飯塚監督は「“トラブルを招く”と言いたいところだけれど……」と主演女優・清水富美加の不在を自虐。それでも「色々とあって、だからこそ今日という日が無事に迎えられてよかった。松井さんが宣伝の頭となって頑張ってくれた」と松井の協力に感謝しきり。

その松井は「出てくる登場人物の皆が、何かに挑戦して挫折しながらも立ち上がる。自分のやりたいことに向かっていく物語です。笑ってもらって、勇気を受け取ってもらえれば」と作品に込めた想いを語り、イベントは幕を閉じた。
 

映画『笑う招き猫』は、新宿武蔵野館 他にて全国公開中

作品情報
映画『笑う招き猫』

出演:清水富美加 松井玲奈
落合モトキ 荒井敦史 浜野謙太 前野朋哉 稲葉 友
那須晃行(なすなかにし) 中西茂樹(なすなかにし) 犬飼直紀 森田 想
諏訪太朗 岩井堂聖子 嶋田久作 市川しんぺー 中村倫也
角田晃広(東京03) /菅原大吉 岩松 了 戸田恵子

監督・脚本・編集:飯塚健
原作:山本幸久「笑う招き猫」(集英社文庫刊)
音楽:海田庄吾

主題歌:Mrs. GREEN APPLE「どこかで日は昇る」(ユニバーサルミュージック合同会社/ EMI Records)

プロデューサー:和田有啓尹楊会柴原祐一
撮影:山崎裕典
照明:岩切弘治
録音:田中博信
美術:吉田敬
美術進行:佐々木伸夫

編集:川村紫織 衣裳:白石敦子 ヘアメイク:内城千栄子 
VFXスーパーバイザー:小坂一順 スクリプター:石川愛子 音響効果:松浦大樹

キャスティング:原谷亜希子 助監督:杉岡知哉 制作担当:濱松洋一
ラインプロデューサー:篠宮隆浩 漫才監修:なすなかにし

製作幹事・配給:DLE
制作プロダクション:ダブ
製作:「笑う招き猫」製作委員会
(C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会

■公式サイト:http://waramane.jp
 

<ストーリー>
高城ヒトミ(清水富美加)と本田アカコ(松井玲奈)は、「アカコとヒトミ」という結成5年目の売れない女漫才師。今日も小劇場の片隅で、常連客に向けて漫才を披露する毎日。そんなある日、いつもネタ合わせをしている河川敷で、ヒトミの自転車を盗もうとしている中学生を捕まえてから二人の周りがざわつき始める。初めてテレビのバラエティ番組出演が決まったり、番組出演をきっかけに大学時代の旧友と再会したり…漫才師として売れる兆しが見えてきた二人だが、とある事件をきっかけに糸が切れた凧のように飛んでいきそうになってしまう。果たして「アカコとヒトミ」にはどんな未来が待っているのか!? 27歳、素直になれない女のちょっと遅めの青春ドラマが誕生する

シェア / 保存先を選択