SPECIAL OTHERS、山田将司&菅原卓郎、RIP SLYME迎えたツアーセミファイナル

レポート
2017.6.11
「10th Anniversary BEST盤TOUR QUTIMA Ver.22」東京・Zepp Tokyo公演の様子。(Photo by KAZUHARU IGARASHI)

「10th Anniversary BEST盤TOUR QUTIMA Ver.22」東京・Zepp Tokyo公演の様子。(Photo by KAZUHARU IGARASHI)

SPECIAL OTHERSが昨日6月9日にライブツアー「10th Anniversary BEST盤TOUR QUTIMA Ver.22」の東京・Zepp Tokyo公演を実施した。

このツアーは彼らがメジャーデビュー10周年を記念して3月から開催しているもの。セミファイナルとなったこの日は、2006年6月リリースのメジャーデビューミニアルバム「IDOL」の表題曲から、最新オリジナルアルバム「WINDOW」の収録曲「I’LL BE BACK」まで新旧のナンバーが披露された。

MCでは10周年を迎えたことについて宮原“TOYIN”良太(Dr)が「まだしぶとく生き残り、しぶとくライブをやっています。おかげで楽しい音楽人生を歩ませていただいている」と述べる。また10年続けてきた自分たちについて「スター性がなくてもステージに立たせてもらっている」と分析し、“影のスター=Shadow Star”と命名した芹澤“REMI”優真(Key)が、「10年も続くとは思わなかった。20周年も目指すつもりなんですが、ついてきてくれますか?」とファンへ問いかけると、フロアからは賛同を意味する温かな拍手が送られた。宮原と芹澤は普段あまりMCをしない又吉“SEGUN”優也(B)と柳下“DAYO”武史(G)にもコメントするように進める。しかしながら彼らが話をし始めると、茶々を入れて困らせるなど、演奏時の真剣な表情とは異なるユルいムードでトークを進行していた。

アンコールでは、宮原が「尊敬する2人のボーカリスト」として山田将司(THE BACK HORN)と菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)を呼び込み、6人でコラボ作品集「SPECIAL OTHERS II」に収録されている「マイルストーン」を披露する。山田と菅原が捌けると、さらにバンドは「小さい頃から憧れ続けている、人生の教科書みたいな存在」(宮原)、「入りたくてしょうがない」(芹澤)と口々に愛を語ったRIP SLYMEを招き入れて「始まりはQ(9)CUE」もパフォーマンス。演奏後にはSPECIAL OTHERSメンバー、RIP SLYMEメンバーが次々と「楽しいー!」と興奮した様子を見せ、ハッピーなムードの中ライブの幕を下ろした。

「10th Anniversary BEST盤TOUR QUTIMA Ver.22」は6月17日の沖縄・桜坂セントラルにてツアーファイナルを迎える。またバンドは今回のツアーの対になる公演として7月1、2日に神奈川・Yokohama Bay Hallにてライブイベント「SPECIAL OTHERS WORST IN YOKOHAMA 2DAYS」を開催する。チケットの一般販売は6月17日から。

SPECIAL OTHERS「10th Anniversary BEST盤TOUR QUTIMA Ver.22」(※終了分は割愛)

2017年6月17日(土)沖縄県 桜坂セントラル

SPECIAL OTHERS WORST IN YOKOHAMA 2DAYS

2017年7月1日(土)神奈川県 Yokohama Bay Hall
2017年7月2日(日)神奈川県 Yokohama Bay Hall

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択