「猫×鉄道」のテーマ展示も 『「鉄道」と「猫と鉄道」』写真展に200点

 punkuma作品 ©punkuma

punkuma作品 ©punkuma

『「鉄道」と「猫と鉄道」』写真展が、7月25日から東京・渋谷のギャラリー・ルデコで開催される。

「鉄道」と「猫と鉄道」の2つのコンセプトに沿って、23人の写真家による約200点の作品を展示する同展。「鉄道」のテーマ展示では、南阿蘇鉄道、只見線、わたらせ渓谷鐵道、いすみ鉄道といった路線を捉えた写真を紹介。「猫と鉄道」のパートでは、「猫のいる鉄道情景」をテーマに、ローカル線や工業地帯の引き込み線、下町の線路端など様々なシチュエーションで写された作品を展示する。

出展作家は山崎友也、米屋こうじ、吉永陽一、星賢孝、宮本快暢、punkuma、大塚義孝ら。企画を星野俊光が手掛けている。なお会場では、2016年の熊本地震の影響で長期不通の区間がある南阿蘇鉄道への義援金を募る。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択