新国立劇場バレエ団がピーター・ダレルの『ホフマン物語』で開幕〜 2015/16シーズン

新国立劇場 2015/2016シーズン開幕を前に9月10日、大原永子舞踊芸術監督、コレオロジストのジュリー・ヘイドン、主要キャスト出席のもと、新制作『ホフマン物語』の制作発表が行われた。
(取材・文:編集部 Photo:J.Otsuka/TokyoMDE)

 大原永子舞踊芸術監督の2シーズン目は、『ホフマン物語』で幕を開ける。オペラでは『ホフマン物語』をこれまで3度上演している同劇場だが、バレエでの上演は今回が初となる。

 本作は英国バレエを語る上で欠かすことのできない振付家、ピーター・ダレルの代表作。ピーターが創設し、大原がプリンシパル・ダンサーとして活躍したスコティッシュ・バレエで初演された。英国バレエの特徴ともいえる演劇的要素の強い作品で、タイトルロールのホフマンと、彼が心を奪われる女性たちとの恋物語を描く。各幕ごとに変わる3人のヒロインは、人形オリンピア(第1幕)、病弱なバレリーナのアントニア(第2幕)、高級娼婦ジュリエッタ(第3幕)と異なるタイプの女性たちが登場する。

 “ピーター・ダレルのミューズ”として大原は、本作に登場する女性3役全てを踊り、ピーターの振りを熟知している。
「『ホフマン物語』は各幕悲劇で終わるが、そこにはファンタジーやビジュアルの要素もあり、バラエティーに富んでいる。1日で3つの作品を観たと思っていただけるように稽古を重ねていきたい。
 また、私が現役時代にバレエで行き詰ったときにピーターと彼のバレエに出会い、「こういうバレエがしたかったんだ!」と新たな気持ちでバレエに取り組むことができた。今の私があるのはピーターとの出会いがあったからこそ。かつての私にように、本作を通してダンサーたちにも何かを見つけてほしい」と新制作への期待を語る。

大原永子舞踊芸術監督

大原永子舞踊芸術監督



ピーター・ダレルの振付を世界のバレエ団に指導しているコレオロジストのジュリー・ヘイドンが、スタッフとして参加する。「ピーターは誰もが愛してやまない人。彼は意味のない人を絶対にステージに出したりしない。出ているからには意味があり、一人ひとりに演技力が求められた。この作品を踊るダンサー、観客にも心から作品を楽しんでもらいたい」と語った。
コレオロジストのジュリー・ヘイドン

コレオロジストのジュリー・ヘイドン



 今回の上演にあたり、衣装・装置は日本人デザイナーが担当し、一新される。大原は「本番は美しい舞台をお届けできると思います」と自信をのぞかせた。最後に練習が始まったキャスト陣から、本番に向けての役作りや抱負について語られた。

 公演は10月30日(金)から11月3日(月・祝)まで、オペラパレスにて上演される。

《キャストのコメント》

ホフマン役:福岡雄大(写真左)、菅野英男(中央)、井澤駿(右)

ホフマン役:福岡雄大(写真左)、菅野英男(中央)、井澤駿(右)


●ホフマン役
福岡雄大(写真左):一幕ごとに違う女性と恋をし振られるが、場面場面で異なった表現、葛藤などを掘り下げていきたい。

菅野英男(中央):人生においても年齢を重ねて見方が変わったり、考え方が180度変わったりすることもある。それを舞台上でホフマンという役を通してどう表現するかが課題。

井澤駿(右):大役を与えられて嬉しいと同時に不安でもあるが、自分なりのものにしていきたい。

アントニア役:小野絢子(写真左)、アントニア/ジュリエッタ役:米沢唯(右)

アントニア役:小野絢子(写真左)、アントニア/ジュリエッタ役:米沢唯(右)


●アントニア役
小野絢子(写真左):アントニアがどんな性格か、理解して踊りたい。今この時期に、このバレエ団に『ホフマン物語』を持ってきてくださったことに感謝したい。大きな期待をもって作品に取り組んでいる。この様なチャンスをいただくことでさらにダンサーも成長し、次に進める。わくわくしています。
     
●アントニア/ジュリエッタ役
米沢唯(右):2役もやれることを嬉しく、良い舞台をお届けしたい。ジュリエッタは自分の髪で演じることになり、人生初のパーマをかけます!(笑)

オリンピア役:長田佳世(写真左)、奥田花純(中央)、ジュリエッタ役:本島美和(右)

オリンピア役:長田佳世(写真左)、奥田花純(中央)、ジュリエッタ役:本島美和(右)


●オリンピア役
長田佳世(写真左):人形なので人間と違い感情がない分、舞台上で存在が消えないよう役作りをしたい。

奥田花純(中央):ホフマンが魔法のめがねをかけたときに、一瞬で恋をする魅力的な女性の役なので、彼からみえているオリンピア像を大切に表現したい。

●ジュリエッタ役
本島美和(右):ジュリエッタがホフマンの人生をどう翻弄していくのかを考えて本番を迎えたい。

リンドルフ役:マイレン・トレウバエフ(写真左)、貝川鐵夫(右)

リンドルフ役:マイレン・トレウバエフ(写真左)、貝川鐵夫(右)


●リンドルフ役
マイレン・トレウバエフ(写真左):難しい役ですが、いままでのキャリアを生かして役作りしたい。

貝川鐵夫(右):リンドルフには3つのキャラクターが存在するので、一つひとつ探求して取り組んでいきたい。

 

公演情報

新国立劇場 2015/2016シーズン
新国立劇場バレエ団 新制作『ホフマン物語』


会場:新国立劇場 オペラパレス

10/30(金) 19:00、10/31(土)18:00
ホフマン:福岡雄大
オリンピア:長田佳世
アントニア:小野絢子
ジュリエッタ:米沢唯
リンドルフ(悪の化身)ほか:マイレン・トレウバエフ

10/31(土)13:00、11/1(日)14:00
ホフマン:菅野英男
オリンピア:奥田花純
アントニア:米沢唯
ジュリエッタ:本島美和
リンドルフ(悪の化身)ほか:貝川鐵夫

11/3(火・祝)14:00
ホフマン:井澤駿
オリンピア:長田佳世
アントニア:小野絢子
ジュリエッタ:米沢唯
リンドルフ(悪の化身)ほか:マイレン・トレウバエフ

S席 12,960円 A席 10,800円 B席 7,560円 C席 4,320円 D席 3,240円
問 新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999

新国立劇場バレエ団 新制作《ホフマン物語》特設サイト
http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/hoffmann

WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択