10周年の鳥公園、“老い”がテーマの「すがれる」を新版と再演の2本立て

鳥公園 #14「『すがれる』2012/2017」チラシ表(デザイン:鈴木哲生)

鳥公園 #14「『すがれる』2012/2017」チラシ表(デザイン:鈴木哲生)


鳥公園「『すがれる』2012/2017」が、7月6日から12日まで東京・こまばアゴラ劇場、7月27日から30日まで京都・アトリエ劇研で上演される。

「すがれる」は、室生犀星のテキストなどをコラージュした、“老い”をテーマとする2012年初演作。今年2017年に10周年を迎える同劇団では、本作の初演バージョンとリクリエーションバージョンを、今回共に上演する。

作・演出の西尾佳織は、「『すがれる』の初演をやった2012年の時点では、〈老い〉は自分の外にあるものだと思っていた。私は〈まだ老いていない者〉として、〈老い〉に興味を持っていた。でも5年経って自分の内の〈老い〉を感じるようになったら、ああ本当は5年前だって私は〈老いゆく者〉でもあったのだな、と思うようになった。そしてこの〈老い〉の置き位置の変化を、二本立ての上演として並べてみたいと思った」と上演コンセプトを明かしている。

鳥公園 #14「『すがれる』2012/2017」

2017年7月6日(木)~12日(水)
東京都 こまばアゴラ劇場

2017年7月27日(木)~30日(日)
京都府 アトリエ劇研

作・演出:西尾佳織
出演:武井翔子、山崎皓司、八木光太郎

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択