藤原竜也、本仮屋ユイカ、浅野ゆう子、柄本明出演×綾田俊樹演出でアラン・エイクボーンのヒット・コメディーを上演

ニュース
2015.9.16

藤原竜也、本仮屋ユイカ、浅野ゆう子、柄本明による4人芝居『とりあえず、お父さん』が、12月に天王洲 銀河劇場にて上演される。

本作は、イギリスの喜劇作家アラン・エイクボーンが、65年に発表したヒット作。藤原と本仮屋は、結婚を真剣に考え始めたグレッグとジニィというカップルを演じる。結婚を申し込みたいグレッグは、ある週末、ジニィが両親へ会いに行くという話を聞き、先回りして彼女の両親に会おうとするのだが、両親が住んでいると思って訪れた家はかつてジニィが交際していた年上男性フィリップ(柄本)とその妻シーラ(浅野)が住む家だった。ジニィは、寄りを戻そうとするフィリップとの関係を断ち切るために、彼に会うつもりだったのだ。一方、何も知らないグレッグは、フィリップをジニィの父親だと思い込み……。

演出を手掛けるのは、綾田俊樹。ともに、劇団「東京乾電池」を結成した柄本を、綾田が演出をするのは今回が初になるという。

公演情報
『とりあえず、お父さん』

作:アラン・エイクボーン
上演台本:藤井清美
演出:綾田俊樹
出演:藤原竜也/本仮屋ユイカ/浅野ゆう子/柄本明

期間:2015年12月3日(木)〜23日(水・祝)
会場:天王洲 銀河劇場
一般前売:10月17日(土)開始
料金:全席指定9,800円/U-25チケット5,500円
※2016年1月に富山、福岡、大阪、愛知でのツアー公演を予定
ホリプロ公式サイト:http://hpot.jp/stage/toriaezu
演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択