菊地成孔がMV監督に初挑戦、ものんくる新作「世界はここにしかないって上手に言って」

ニュース
動画
音楽
2017.7.13
ものんくる

ものんくる

吉田沙良(Vo)、角田隆太(B / ex. CRCK/LCKS)からなるポップユニット、ものんくるがニューアルバム「世界はここにしかないって上手に言って」を本日7月12日にリリースした。

前作「南へ」以来2年9カ月ぶりのアルバムとなる今作は、これまで通り菊地成孔がプロデュースを担当。前作までの固定メンバーによるサウンドを一新し、斎藤ネコ、大儀見元、黒田卓也、FUYUという豪華ゲスト陣や、桑原あい、井上銘(CRCK/LCKS)、石若駿(CRCK/LCKS)、宮川純といった同世代の気鋭ジャズミュージシャンと共にハイクオリティな音源を作り出した。

今作の発売に合わせて、本日7月12日よりYouTubeでアルバム収録曲「ここにしかないって言って」のミュージックビデオを公開中。このMVはメンバー2人からの要望もあり、菊地成孔が初めて監督を務めて制作された。

ものんくるは今作のリリースツアーとして「世界はここでしか聞けないってTOUR」を4都市で実施。ツアーファイナルとなる8月25日の東京・UNIT公演のみ、菊地成孔(Tenor Sax)、安藤康平(Alto Sax)、田島華乃(Violin)、関口将史(Cello)がスペシャルゲストとして演奏に参加する。


ものんくる コメント

僕ら二人は勿論、プロデューサーの菊地成孔さんをはじめとして、参加してくれたミュージシャン全員が本当に“ものんくる”を好きでいてくれてこのアルバムを最高のものにしたいという想いをこめて音にしてくれたので、すごいマジックが起こってます。
一秒間に2万回の星の瞬きがあります。制作進行のうち色んな衝突や苦悩がありつつも結果として録音されたものがなんと輝いてることか。
むしろ衝突や苦悩の部分こそがとても光ってる。
自分で言うのもアホみたいですが2017年ベストの作品だと思います。今作はモノとしての手触り、物質の重みも大事に作り込んでますので是非手にとってピリーっとビニールを剥がして、あなたの部屋の一部にして欲しいよ!よろしくお願いします。
角田隆太

本当に沢山のアーティストに愛されて、支えて貰って出来上がった作品です。
ものんくる”はユニット(二人組)だけど一つのでっかい家族みたいなものが出来た気分です。
よく作品を自分の子供みたいに思うって言うけど、この作品は「家族」かなぁって。
今作は今までで一番ポップで聴きやすくて、かっこいいです(*^^*)
自分でも思うんだけど、声がどんどん変わっていきます。良くも悪くも私は『今のありのままの自分』しかパッケージ出来ないから、自然にそのまんま歌いました。昔の歌はもう歌えないし、今の歌は昔の自分には歌えない。
次に進むために必要な瞬間を収められて、とても満足しています。
是非手にとって聴いてみて下さい(*^^*)
吉田沙良

 

ものんくる「世界はここにしかないって上手に言って」収録曲

01. Driving Out Of Town
02. 空想飛行
03. SUNNYSIDE
04. 花火
05. Birthday Alone
06. ここにしかないって言って
07. 時止まる街
08. 二人
09. 透明なセイウチ
10. 最終列車 君を乗せて
11. the dawn will come

世界はここでしか聞けないってTOUR

2017年8月21日(月)京都府 ライブスポットラグ
2017年8月22日(火)兵庫県 神戸VARIT.
2017年8月23日(水)愛知県 Tokuzo
2017年8月25日(金)東京都 UNIT

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択