『アウトレイジ 最終章』大友(北野武)の傘マシンガンが炸裂! 銃弾とびかう“全員暴走”の予告編が解禁

ニュース
動画
2017.7.14
『アウトレイジ 最終章』ポスタービジュアル (C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

『アウトレイジ 最終章』ポスタービジュアル (C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

10月7日公開の映画『アウトレイジ 最終章』から、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

『アウトレイジ』シリーズは、北野武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクト。裏社会の男たちの抗争を描いた同シリーズは、2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、累計興行収入22億円超を記録している。北野監督の18作目の映画であり、前作から5年の月日を経て公開される『アウトレイジ 最終章』では、これまで繰り広げられてきた抗争劇が終結するという。


公開された予告編は、冒頭から大友(ビートたけし)が傘を仕込んだマシンガンを、大友を慕う韓国・済州島グループの市川(大森南朋)とともに乱射するド派手なシーンからスタート。前作で繰り広げられた関東・山王会VS関西・花菱会の抗争後、大友は韓国に渡り日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下に身をよせていた。今回は、韓国でトラブルを起こした花菱会の幹部・花田(ピエール瀧)と対峙。「なめとんのか!!」と恫喝する花田に対し、大友が「なめてなんかいねーよバカヤロー」とブチ切れる姿も映し出されている。しかし、この後、花田が張会長の手下を殺害し、張グループと花菱会は一触即発の状態に。

一方の花菱会では新会長の野村(大杉 漣)が、目障りな若頭・西野(西田敏行)を陥れるため、張グループと西野が争うよう画策。花田を焚き付けて、花菱会内部で内紛を巻き起こす。予告編では、裏切り、駆け引き、騙し合いが連続し、張グループ、花菱会、山王会、警察が入り乱れる全面戦争へと突入していく。ここに、韓国から日本に戻った大友が加わり、“全員暴走”の死闘が繰り広げられていく。予告映像では、怒号と弾丸が飛び交うバイオレンス満載のシーンが次々と登場している。

映画『アウトレイジ 最終章』は10月7日(土)全国公開。

作品情報
映画『アウトレイジ 最終章』
監督・脚本・編集:北野 武
音楽:鈴木慶一
出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳
配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野
公式サイト:http://outrage-movie.jp/
(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
シェア / 保存先を選択