TVアニメ『Fate/Apocrypha』第4話「生の代償、死の贖い」より先行場面カット到着!暴走した”赤”のバーサーカーが黒の陣営の本拠地へ迫って……

ニュース
2017.7.23
『Fate/Apocrypha』第4話より先行場面カット到着

『Fate/Apocrypha』第4話より先行場面カット到着

 スマートフォン用RPG『Fate/Grand Order』(『FGO』)が話題の『Fate』シリーズ。同作のシナリオ担当のひとりである東出祐一郎氏が手掛けた『Fate/Apocrypha(フェイト/アポクリファ)』(以下、本作)のTVアニメが、2017年7月よりTOKYO MX・BS11ほかで放送中!

 “赤”と“黒”総勢14騎のサーヴァントが繰り広げる、外典の聖杯戦争を描く本作。その第4話「生の代償、死の贖い」の先行場面カットとあらすじが到着したので、ご紹介しましょう!!

 
第4話 生の代償、死の贖い
脚本:東出祐一郎
絵コンテ:宮尾佳和
演出:町谷俊介
総作画監督:蛯名秀和
作画監督:河野敏弥・西口智也
 暴走した”赤”のバーサーカーが黒の陣営の本拠地である城塞へ迫る。これを好機と捉え、ユグドミレニア一族とサーヴァントたちは彼を迎え撃つ。黒のマスターとサーヴァントが出払った城内にて、ホムンクルスの少年は、黒のアーチャーの言葉を反芻しながら、己の生きる意味を苦悩する。そこに”黒”のライダーが現れ、少年の手を取り笑いかける。

>>TVアニメ『Fate/Apocrypha』公式サイト
>>TVアニメ『Fate/Apocrypha』公式ツイッター(@FateApocryphaTV)

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択