もっと歴史シリーズ第5弾、原作は天野純希「桃山ビート・トライブ」

ニュース
2017.7.28
「桃山ビート・トライブ」(集英社文庫) (c)天野純希/集英社
(c)「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック ローソンチケット)All Right Reserved.

「桃山ビート・トライブ」(集英社文庫) (c)天野純希/集英社 (c)「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック ローソンチケット)All Right Reserved.

「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」の第5弾、舞台「桃山ビート・トライブ」が11月23日から12月3日まで東京・EX THEATER ROPPONGIにて上演される。

「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」は、教科書には載らないような歴史上の出来事を面白く表現するシリーズ企画。天野純希の同名小説を原作とした第5弾では、安土桃山時代を舞台に、4人の若者が音楽を武器に世の中に立ち向かう姿が描かれる。脚本を劇団K助の金沢知樹、演出を劇団スーパー・エキセントリック・シアターの大関真が担当。

上演決定にあたって原作者の天野は「今回の舞台化で、僕が小説に込めたものがまた別な形で観客の皆様に伝わっていくのだと思うと、非常に感慨深いものがあります」と喜びを語っている。出演者については続報を待とう。

天野純希コメント

この作品は僕のデビュー作であると同時に、学生時代に熱中していたバンド活動の楽しさと、ステージ上から見た景色を忘れないうちに形にしようと書いた小説なので、自分の中では特別な作品になっています。
今回の舞台化で、僕が小説に込めたものがまた別な形で観客の皆様に伝わっていくのだと思うと、非常に感慨深いものがあります。まずは肩肘張らず音楽の楽しさに触れていただければ、これ以上の喜びはありません。
それでは、「いざや、傾かん」!

舞台「桃山ビート・トライブ」

2017年11月23日(木・祝)~12月3日(日)
東京都 EX THEATER ROPPONGI

原作:天野純希「桃山ビート・トライブ」(集英社文庫)
脚本:金沢知樹
演出:大関真

(c)天野純希/集英社 (c)「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック ローソンチケット)All Right Reserved.

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択