人間の感覚に問いかける作品を制作 石川慎平 個展『active』が開催

ニュース
2017.7.31
第5回東京アンデパンダン展受賞作品 「package」 楠、人工毛、グリッター 180×60×40cm/2014

第5回東京アンデパンダン展受賞作品 「package」 楠、人工毛、グリッター 180×60×40cm/2014

画像を全て表示(5件)

石川慎平の個展『active』が、2017年8月5日(土)~8月20日(日)にかけてEARTH+GALLERYにて開催される。なお初日におこなわれるオープニングレセプションには、作家がギャラリーに来場する。

石川慎平は、1989年東京生まれ。意識的な形と、無意識のイメージを共存させることで、人間の感覚に問いかける作品の制作を行っている。2014年には第5回東京アンデパンダン展の人気投票上位者として、作品「package」が選出された。

本展では、木の表面を彫り、塗料を塗り、さらに表情を隠すことで匿名性がうまれた人物を「ヒト」として記号化する作品シリーズ「sign」を展示する。さらに、写真に透明樹脂をかけて像の形状を失わせ、人物、風景といった外面的なものや、喜怒哀楽といった内面的なもののみを残し、記号となった物質を固めることで再構築する「active memory」シリーズも発表する。

「sign」 檜、鉛筆、アクリル絵の具、 グリッター h38×w15×d5 ㎝ / 2017

「sign」 檜、鉛筆、アクリル絵の具、 グリッター h38×w15×d5 ㎝ / 2017

「sign」檜、鉛筆、アクリル絵の具 h35×w10×d6 ㎝/ 2017

「sign」檜、鉛筆、アクリル絵の具 h35×w10×d6 ㎝/ 2017

「active memory」透明樹脂、写真 h10×w15×d1 ㎝/ 2017

「active memory」透明樹脂、写真 h10×w15×d1 ㎝/ 2017

 

イベント情報
石川慎平 個展『active』

会期:2017年8月5日(土)~8月20日(日)
http://earth-plus.net/?p=8262
■8月5日(土)18:00~ オープニングレセプション
シェア / 保存先を選択