【動画あり】BOYS AND MENが語る新シングル「帆を上げろ!」と次に目指す“新大陸”

動画
インタビュー
2017.8.2
BOYS AND MEN

BOYS AND MEN

画像を全て表示(15件)

本日・8月2日にシングル「帆を上げろ!」をリリースした、エンターテインメント集団・BOYS AND MEN。作曲ヒャダイン×作詞いしわたり淳治による楽曲「帆を上げろ!」は、“次なる一歩を「船出」に例えて、メンバー1人の力を合わせた時のパワーで帆を上げながら、“新大陸”という未到の地を目指す”という熱い思いが込められている。今回は、そんなシングル「帆を上げろ!」についてのインタビューと、ボイメンとSPICEのコラボ動画企画も実施。動画企画では、先日募集したみなさまからの質問をメンバーにぶつけてみた……のだが、実にボイメンらしいトークが炸裂しているので(笑)、テキストのインタビューだけでなく映像でも本記事をお楽しみください。そして今回も読者プレゼント(サイン入りチェキ)あり! 詳細は2ページ目下部をチェック。

――ボイメンらしい勇ましさと、ヒャダインさんらしいキャッチーさが絶妙に絡む「帆を上げろ!」。歌、歌詞、ダンス、MV、衣装など、聴きどころや見どころが満載な曲に関して、それぞれのお気に入りポイント、自分の推しどころを教えてください。

土田:「帆を上げろ!」は、音が楽しい曲でもあって。

――歌詞に合わせて、いろいろな音が入っていますもんね。

土田:そうなんですよ。そのおかげで、情景が浮かんできますし。中でも僕が好きなのは、サビで <東西南北 どっちに行っても あっちもこっちも>と歌っているうしろで“トゥトゥトゥトゥ!”ってアオってくる音。

辻本:なかなかマニアックやな(笑)。

土田:いやいや、そこはぜひ、注目してほしいですね。

勇翔:僕は、<デカい後悔すんならいっそ大航海>という歌詞ですね。後悔するくらいなら、いっそのこと思い切りやろうぜっていう。

水野勝

水野勝

本田剛文

本田剛文

――韻を踏む言葉遊びをしながらも、力強いメッセージになっています。

勇翔:サビ直前のところで、歌っている僕自身の気持ちを高めてくれる言葉でもあって。大好きなところです。

――あと、勇翔さんは語り部分の最初でいきなり問題を出されていますね(笑)。

勇翔:そう、<おい、勇翔。問題だ、1を10回足したら、いくつだ?>って(笑)。

田村:その語りの部分も、作詞をしてくださったいしわたり淳治さんが書いてくださったんですけど……。

辻本:言葉ににじむダサさとか愚直さが、すごく俺たちらしいよね。

田村:うん。ボイメンのことをよくわかってくださっているんだなって思いました。

水野:ありがたいことだよね。僕は、ラッキィ池田さんによる振り付けですね。すごく覚えやすいので、小さな子もマネできるんじゃないかと。

――デッキダンスにしても流行りそうです。

水野:小学生には、「掃除の時間にやっちゃダメだぞ」って言っとかないといけないですけどね(笑)。10人でデッキブラシを使って踊るっていうのも新鮮だったし……あのデッキブラシ、ちゃんとそれぞれの仕様になっていて。

――ショートバージョンのMVを観ると、カラーがちゃんと分かれていますけど……。

水野:実は、デザインも違うんですよ。小林だったら、スイーツのモチーフがデコレーションされていたりとか。

小林:そう。生クリームがついています(笑)。

水野:土田はなんだっけ?

土田:俺、魔法使いみたいな感じ(笑)。

――なぜに?

吉原:つっちーは、暑い夏にヒヤっと寒くなるようなサムい魔法をかけちゃいますから(笑)。

水野:本田は、色はピンクなんだけどデザインはカッコイイっていう。

本田:そう、桜吹雪で。

辻本:女の子っぽくなるかと思ったら、意外にね。っていう感じで、それぞれのキャラクターがデッキブラシにも表われているんです。

吉原:僕は、衣装ですね。僕らボイメンはいろいろなパターンの学ランを何着も着てきて、これまでは和柄とか虎や龍の刺繍とか、雄々しいデザインが多かったわけですけど、今回は初めて、カチっとしているというか。

水野:かわいい。

平松:キャワたん。

吉原:え、かわいいか?

本田:これまでの和柄と比べると……。

辻本:ゴツさはないよね。

小林:爽やかでかわいくてギャンカワ。

水野:吉原のターン、乗っ取られたな(笑)。

吉原:ちょっと待ってよ(笑)。

田村侑久

田村侑久


田中俊介

田中俊介

――ナポレオンジャケットのようなデザインで、スタイリッシュでもあって。

吉原:そう、それです! よく見ると細かい装飾がそれぞれ違っていたりとかするし、MVにしてもライブにしても、そういうところに注目して観てもらっても、おもしろいと思います。

田中:僕も水野と同じくMVについてなんですけど、今回は振り入れのときもMV撮影のときも、ずっとラッキィ池田さんがついていてくださって。“ミュージカル”をテーマにしたお芝居っぽい動きを僕らがしつつ、ラッキィさんがその場の閃きでどんどん付け足していったことで、“カッコつけでは終わりたくない”というボイメンの精神がちゃんと表現できたんじゃないかなと。いろんなシーンで、遊んでいるメンバーを見つけてほしいですね。

――本当にボイメンはエンターテイナーだなと、あらためて思わされるMVです。

辻本:やった、うれしいね! 今回は、ヒャダインさん、いしわたり淳治さん、ラッキィ池田さんと、ビッグネームの方が携わってくださって。中でも、僕にとってはヒャダインさんに曲提供していただいたということがすごく大きいんですよ。というのも、僕は脳内リピート率がめちゃめちゃ高いヒャダインさんの楽曲が昔から好きで。音数が多くてどんどん展開していく「帆を上げろ!」も、ヒャダイン節とボイメン節が融合した、一度聴いたら忘れられない曲になったなと。そこが、僕的に一番のオススメポイントです。

本田:僕はジャケット写真の話をしようかなと。

水野:お、目のつけどころがいいね(笑)。

本田:メジャーデビューシングル「YAMATO☆Dancing」にしても、乗り物に乗って右斜め上を見る感じのジャケットでしたけど、今回も曲に相応しく、しっかりと未来を見据えて、目指す頂を望むようなジャケットになっているなと。

吉原:しかも、本田は今回すごくいい位置だもんね。

本田:そう、前回の「YAMATO☆Dancing」では、僕と小林はしゃちほこバイクに乗れずに地べたに座っていたんですけど、今回はちゃんとみんなと一緒に船に乗せてもらえて(笑)。

辻本:男前だよ、うん。

本田:思わず、学ラン脱いで肩にかけるくらいテンション上がりました(笑)。

田村:ちゃんと写真から伝わってくるわ(笑)。さっき、デッキダンスの話が出ましたけど、実はデッキブラシを持っているバージョンと持っていないバージョン、2パターンあって、振り付けが微妙に違ったりするんですよ。これからライブを重ねていく中で、そのへんの変化にも気づいてもらえると思うので。生のライブをたくさん観に来てもらいたいですね。

水野:いいこと言ったね。

辻本達規

辻本達規


小林豊

小林豊

田村:会場によっては、ステージの広さ的にデッキブラシを持てないところもあって、そうするとまた違う振りになったりするし。何回でも楽しめる曲です。これ、いいパスじゃない?(平松に向かって)

平松:えっと、僕は歌詞のことで(笑)。さっき、勇翔がピンポイントで好きなところを挙げましたけど、僕は全体が気に入っていまして。作詞していただいたいしわたり淳治さんにお会いしたことはないのに、リズム感もよくて耳覚えもいい言葉たちの中に、ボイメン魂をちゃんと入れてくださっていて。すごく歌いやすいし、歌っていて気持ちが入るんです。

――ボイメンを象徴するアツい言葉、グっとくる言葉、聴く人の背中を押す言葉……名フレーズがたくさんですよね。

平松:そうそう。聴くだけでなく、ぜひ歌詞カードも見ていただきたいです。

小林:今回の曲は、勇翔も出演するドラマ『マジで航海してます。』の主題歌でもあって。航海士の実習生たちが奮闘する物語とリンクする部分もあるし、だからこそ、ボイメンだけでは出せない表情があると思うんですね。さらに、MVやCDジャケットでは船に乗っていたり、CDの盤面には舵が描かれていたり。トータルで楽しんでいただける作品になっていたりもします。
 

▼次ページでは、「がむしゃらロケンロー」について、ボイメン×SPICE動画、読者プレゼントの詳細をお届けします。

シェア / 保存先を選択