“日本一長生きのノコギリエイ”の来館30周年イベントを開催――三重・伊勢シーパラダイス

ニュース
2017.8.30

画像を全て表示(3件)

三重県・伊勢市の伊勢シーパラダイスで飼育されている“日本一長生きのノコギリエイ”が9月18日に来館30周年を迎えることを記念し、同水族館でノコギリエイの記念イベントが行われる。

ノコギリエイは、南西諸島からオーストラリア北部までの熱帯の海に分布するノコギリエイ目ノコギリエイ科の魚で、恐竜が地球の支配者であった白亜紀(一億四千万~七千年前)に出現して以来、現在まであまり進化していないという貴重種。伊勢シーパラダイスで展示しているノコギリエイは最大約4mに達する大型の種族であり、最大の特徴であるノコギリは、泳いでいる魚を打ち落としたり砂を掘ったりするときに使用する。

ノコギリエイ

ノコギリエイ

同水族館で飼育されている個体は、1987年9月18日に伊勢シーパラダイス(旧・二見シーパラダイス)に搬入されたメスで、それまで長期飼育が難しかったノコギリエイの長寿記録を塗り替え現在に至るという。今回、2017年9月18日に来館30周年という節目の日を迎えるにあたり、より長くこの長寿記録を更新していけるようにお祝いと応援をしたいという願いを込め、イベントの開催が決定した。

イベント内容としては、

1. いろんなノコギリ大集合 (9月1日~30日)
ノコギリエイ水槽横にノコギリの名を持つ生物、ノコギリハギ・ノコギリダイ・ノコギリガニ・ノコギリカワゴケ・ノコギリクワガタを展示。(都合により展示内容を変更させて頂く場合がございます。 ) 

2. 30周年記念シールプレゼント(9月6日~30日:小人、幼児限定)
9月中に伊勢シーパラダイスに来館のお子様にはノコギリエイの記念シールをプレゼント。 

3. ノコギリエイのお家に入ろう!!(9月中の月・木・土曜日 12:45~)
魚館のバックヤードに入れるイベントを9月限定でノコギリエイのバックヤードも見学できちゃう。 
ノコギリエイに餌をあげられるかも!!限定缶バッジのプレゼントもあります。 

4. ノコギリエイご長寿紙芝居 ~こうしてノコギリエイは長生きしている~(9月16,17,18日 12:00~)
9月18日の30周年を迎えるノコギリエイの長生きの秘訣をご紹介。ノコギリエイという未知の魚の搬入と飼育。そこには当時のスタッフの隠れた努力があった!!

5. 敬老の日 ~ノコギリエイもおばあちゃんです~(9月18日)
65歳以上のお客様は当日のみ入館料無料。 免許書や保険証など生年月日がわかるものをお持ちください。 
※当日、 入場券売り場にて現金でお支払い下さい。 電子チケットやその他割引き券との併用は出来ません。 


上記のように、体験型イベントからプレゼント企画、子供やお年寄りに嬉しい内容まで、様々な企画が予定されている。

ノコギリエイ好きな方のみならず、これまでノコギリエイをよく知らなかったという方も、この機会にその奥深い魅力に触れてみては?

展示の様子

展示の様子

伊勢シーパラダイスのノコギリエイについて
伊勢シーパラダイスのノコギリエイ
学名:Pristis microdon(ラージトゥース・ソーフィッシュ)
来館日 1987年9月18日
性別 ♀
年齢 推定30歳 (搬入時の体長からの推測)
生まれ オーストラリア
体長 約2m60cm
来館時はペアで搬入されたが、10年以上前にオスが死亡し、現在はメス1匹を飼育しています。3日に1回1kgのサバやアジを食べ、毎回残さずに食べています。
来館当初は国内での最長飼育記録が100日足らずで、非常に飼育が困難な種として有名で、伊勢シーパラダイスでは現館長の竹内による飼育研究の成果により、長期飼育が可能となり日本最長の飼育記録を更新しています。

 

施設情報
伊勢夫婦岩ふれあい水族館 伊勢シーパラダイス
●営業時間
・9:00~17:00(季節変動有)
●入館料
大人:1,600円 小中学生:800円 幼児(3才以上):400円
シニア(65才以上):1,400円
■お客様のお問い合わせ
『伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス』
〒519-0602 三重県伊勢市二見町江580
TEL:0596-42-1760
WEBサイト: https://ise-seaparadise.com/
シェア / 保存先を選択