ねごと「トリガール!」イベントで土屋太鳳と一緒に「空も飛べるはず」合唱

ニュース
2017.8.31
「空も飛べるはず」を合唱する様子。

「空も飛べるはず」を合唱する様子。

本日8月30日に東京・東武百貨店池袋店の屋上スカイデッキ広場にて映画「トリガール!」の公開直前イベントが行われ、主題歌および挿入歌を担当するねごとが登壇した。

イベントはねごとによるライブでスタートし、彼女たちは映画の主題歌になっているスピッツ「空も飛べるはず」のカバーと、挿入歌として書き下ろした新曲「ALL RIGHT」を連続でパフォーマンス。その後、ステージに映画に出演する土屋太鳳と矢本悠馬が拍手をしながら登場した。

土屋は「心に羽が生えました! 『空も飛べるはず』は名曲ですし、『ALL RIGHT』は一緒に空を飛びたくなる曲だし……。本物の空の下で聴けるなんて!」と感激し、矢本は「僕の役は全編通して“ふざけ”しかしてないので、この作品でみんな泣けるのか?とか思ってましたが、ねごとさんの歌のおかげで僕の演技をかき消してもらえました。ありがとうございます!」とジョークを交えながらねごとに感謝の思いを伝えた。

映画の監督を務めた英勉の熱烈なオファーをきっかけに、楽曲を提供することになったというねごと。蒼山幸子(Vo, Key)は「ALL RIGHT」の制作に関して、「監督さんが『どれぐらいのテンポで、どんな構成で、ねごとの既存曲ならこの曲みたいな……』と具体的に注文してくださって。愛を感じました」とコメントする。また土屋は同曲について「何か踏み出したい人に心から届けたい曲」と表現し、「支度時間は5分で十分」という意味の歌詞に対して「その通り! 飛び出してみなきゃわからない!」と共感を示した。

イベントの終盤では土屋の「みんなで歌いたいですね!」という言葉を合図に、映画で共演した人力飛行サークルのメンバーや、本作のモデルになった芝浦工業大学のTeam Birdman Trialの部員たちがステージ上に集合。ねごとの演奏に乗せて、キャストを含めた全員が「空も飛べるはず」を合唱した。

なお映画「トリガール!」は9月1日より全国ロードショー。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択