浦井健治、柿澤勇人、小池徹平のチームワークはバッチリ!?『デスノート THE MUSICAL』公開ゲネプロ

レポート
2017.9.2
『デスノート THE MUSICAL』

『デスノート THE MUSICAL』


2017年9月2日(土)から新国立劇場 中劇場にて『デスノート THE MUSICAL』が上演される。東京初日の前日となる9月1日(金)同劇場にて公開ゲネプロが行われた。

原作は集英社ジャンプコミックス「DEATH NOTE」(原作:大場つぐみ 作画:小畑健)。『名前を書かれると死ぬ』デスノートを拾い、世の犯罪者を次々と裁いていく高校生・夜神月(やがみライト)と、どんな難事件をも解決する探偵L(エル)との頭脳戦が見どころとなる物語。

初演は2015年に日生劇場にてワールドプレミアとなった。ミュージカルの作曲は『ジキル&ハイド』のフランク・ワイルドホーンが、演出は栗山民也が手掛けており、東京・大阪・名古屋での上演はいずれも大ヒットとなった。

公開ゲネプロの前に、夜神月役の浦井健治と柿澤勇人(Wキャスト)、L役の小池徹平の囲み取材が行われた。6月に富山、7月に台中(台湾)、8月に大阪とツアーを続け、ついに東京に上陸する本作について、浦井は「いよいよ東京公演。機は熟しましたね」といえば、柿澤も「あっという間でした」と答える。ツアーの最後が東京公演というのが初めてと語る小池は、「初日なのに、落ち着いてできます。いい東京初日になりそう」と笑顔を浮かべていた。

柿澤勇人、浦井健治、小池徹平

柿澤勇人、浦井健治、小池徹平

初演から2年が経ち、それぞれに様々な舞台に出演、経験を積み重ねてきた3人。「チームワークはもうバッチリ?」と聞かれると、柿澤が「バッチリ……かなあ?」とわざとあやふやな返事をして笑わせる。その後、「ぼくらは2年越しでさらに高め合っているからね」と浦井がフォロー。その言葉を受け改めて柿澤も「(小池と)目を合わせて芝居をしていると、すごく安心できるんですよ」と信頼の高さを見せていた。

今回初めて海外公演を行った「デスノート」カンパニー。「気温もお客さんもアツかった!」そう語る浦井は、「カーテンコールにキャーキャーと叫び声をいただいたり、場面によっては笑い声が起きたり、リアクションが大きくて驚きましたね」と初体験の感想を口にした。一方、柿澤は、この叫び声を受けて「自分がアイドルになったかと勘違いしていました」と笑いを誘っていた。

柿澤勇人、浦井健治、小池徹平

柿澤勇人、浦井健治、小池徹平

漫画、アニメ、映画など、様々な形になっている「デスノート」。舞台だからこその見せ場を問われると、浦井は「歌詞に『新世界の神』『計画どおり』など原作ファンにもずきゅんとくる名セリフがある」、柿澤は「歌やセリフに現代日本を投影しているので、普遍的なテーマ…愛、正義、戦争、家族…など、誰がみてもわかる話となっている。原作ファンじゃなくても楽しめる点ですね」

そして小池は「テンポもすごくいいし、熱量、パワーがすごくこもっている事。観ている人へのメッセージ性もあるし、原作の世界観も壊してない。劇場でしか体感できないものがあると思います」と期待をもたせていた。

ゲネプロでは1幕の模様を夜神月:浦井、L:小池コンビで披露。生オーケストラの演奏の中、死神リューク(石井一孝)が気まぐれに下界に落としたデスノートを、ただの高校生・月が手にしたことで、手を汚さない殺人行為を次々と繰り返していく。浦井は、感情を存分に載せた歌声と共に、月の精神が徐々に崩壊していく様を見ごたえたっぷりに演じている。また小池は不気味かつ、華奢なビジュアルからは想像できないくらい、安定した歌声を新国立劇場の広い客席の隅々に響かせていた。

『デスノート THE MUSICAL』

『デスノート THE MUSICAL』

取材・文・撮影/こむらさき

公演情報
『デスノート THE MUSICAL』
 
■日時:2017年9月2日(土)~24日(日)
■会場:新国立劇場 中劇場
■原作:集英社ジャンプ・コミックス『DEATH NOTE』(原作 大場つぐみ 作画 小畑健)
■作曲:フランク・ワイルドホーン
■演出:栗山民也
■出演:
浦井健治 柿澤勇人 小池徹平
唯月ふうか 髙橋果鈴 濱田めぐみ 石井一孝 / 別所哲也 ほか
■公式サイト:http://hpot.jp/stage/death-note

シェア / 保存先を選択