いきものがかり、向井理主演ドラマに「ラブとピース!」提供

左から榮倉奈々、向井理 、水野良樹、吉岡聖恵、山下穂尊。(写真提供:テレビ朝日)

左から榮倉奈々、向井理 、水野良樹、吉岡聖恵、山下穂尊。(写真提供:テレビ朝日)

いきものがかりが、10月22日(木)にスタートするテレビ朝日系ドラマ「遺産争族」の主題歌として新曲「ラブとピース!」を書き下ろしたことがわかった。

「遺産争族」は遺産相続をめぐる争いを描くホームドラマ。向井理が主演を務め、共演者として榮倉奈々、伊東四朗、岸部一徳、余貴美子らが名を連ねている。いきものがかりが提供する「ラブとピース!」はソウルミュージックの要素を取り入れたアッパーなラブソング。2話までの台本を読んで曲を書いたという水野良樹(G)は「育生(向井)と楓(榮倉)の2人だけは純粋に恋愛をしている、そんな雰囲気が伝わるといいなと思って作りました」とコメントしている。

なお、先日いきものがかりはドラマの撮影現場を訪問。吉岡聖恵(Vo)が「なかなかドラマの撮影現場にお邪魔する機会はないのですが、こうして向井さん、榮倉さんにお会いして『これからどうストーリーが展開していくんだろう』と楽しみになりました。曲で少しでもドラマをサポートできたらと思います! これから撮影も続き、大変だと思いますががんばってください!」と激励すると、向井は「僕らもがんばって、たくさんの方々にドラマを観ていただいて、少しでも売り上げに貢献を……(笑)」と冗談を言いながら感謝の気持ちを表した。

水野良樹(G) コメント

曲を作る前に2話までの台本をいただきました。それを読んで、なんとなく家族の皆さんがぶつかり合っているイメージを抱いたんです。そんな中で育生(向井)と楓(榮倉)の2人だけは純粋に恋愛をしている、そんな雰囲気が伝わるといいなと思って作りました。

吉岡聖恵(Vo) コメント

人間のディープな裏側の部分と綺麗な部分を映した二面性のある曲。曲の中で「仲良くしろよ!」と怒っているような部分もあり、感情が昂ぶるような、私たちとしても、これまでより一歩踏み込んだ曲になった気がします。

向井理 コメント

すごくまっすぐな歌詞が印象的でした。歌詞の内容も僕と榮倉さんが演じる育生と楓に寄り添ってくださっているな、と思いました。楽な人生なんてないと思いますが、この曲を聴くと少し人生が楽しくなるような……そんな後押しをしてくれるような気がしました。

榮倉奈々 コメント

「遺産争族」というドラマのタイトルだけ見ると、すごく堅そうなドラマだと思いそうですが、それを打ち消してくれるような明るくて、リズミカルな曲だったので聴いたときはすごくうれしく感じました!

テレビ朝日系「遺産争族」

2015年10月22日(木)21:00~
※以降毎週木曜日放送

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択