大晦日格闘技一大イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX」開催発表

SPICER

画像を全て表示(4件)

世界最強の女柔術家もMMA初参戦

2015年10月8日、六本木ミッドタウン・キャノピースクエアにて12月29日、31日にさいたまスーパーアリーナで開催される格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX」の詳細が発表された。

「ロシアン・ラストエンペラー」エメリヤーエンコ・ヒョードルの「出てこいや!」を受けて登場したのはあの伝説の格闘技イベント、PRIDEの仕掛け人榊原信行委員長が登場。
その後にステージに上ったのはRIZIN統括本部長高田延彦、「俺たちここに帰ってきたぞ!」と雄叫びを上げた。


その絵はまさに格闘技全盛期を席巻した「PRIDE」そのものだが、RIZINがPRIDEと違うのはRIZINは団体ではなく、世界のプロモーション団体と契約を結び、その代表が集う「サッカーで言えばクラブワールドカップのようなもの」とのこと。
29日に一回戦、31日に準決勝と決勝を行う8人トーナメントを開催、賞金総額は50万ドルとのこと。
参加団体はアメリカからベラトール、イギリスのBAMMA、ポーランドのKSW、リトアニアのBUSHIDO、ブラジルからジャングルファイト、中東からデザートフォースが決定しており、更に諸団体との契約を結ぶとのこと、これらの団体から代表選手が送り込まれ、年末に世界最強の男が決まる。

またその他ワンマッチも含めて一日に12~3試合を予定、29日の試合として桜庭和志対青木真也が決定した。


他出場予定選手は総合格闘技デビューとなるシュートボクシング世界女子フライ級王者RENA、188センチ93キロ、ブラジリアン柔術女子世界王者ギャビ・ガルシアの二人、そして復活の「皇帝」エメリヤーエンコ・ヒョードルが決定。


今大会はフジテレビでの中継が決定、さらにスカパー!でも放映。海外にも発信していくとのことで現在では米国Spike TVでも無料放映が決定している。

基本本大会はPRIDEルールを標準とした男子10分、5分、5分の3ラウンド、女子は5分×3ラウンドの試合を予定。
選手同士の許諾があれば肘打ちも解禁というハードな戦いになりそうだ、なおフィールドは金網ケージではなくリングを使用とのこと。

トーナメントが行われない30日もけやき広場などでファンミーティングやMMA以外の格闘技の試合を予定しているそうで、年末に格闘技の興奮が帰ってくることに開場は大きな期待と興奮に包まれていた。

大会チケットは10月12日より特別抽選先行が決定、詳細は公式サイトまで。
 

イベント情報
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX​さいたま3DAYS

 日時:2015年12月29日・12月31日
 会場:さいたまスーパーアリーナ

 

 

シェア / 保存先を選択