銀座の“落書きカフェ”で楽しむハロウィンとは?

ニュース
2015.10.9


銀座で期間限定オープン中の「GINZA RAKUGAKI Cafe&Bar by Pentel」が、10月9日(金)の夕方からハロウィンバージョンに模様替え。

文房具でおなじみの「ぺんてる」がオープンした期間限定のカフェでは、壁や床、柱、テーブルなど、店内のありとあらゆる場所に落書きができる。日替わりのオブジェも設置され、落書き後は店内に展示される。

■ 限定のオバケアイスやオバケマシュマロも

10月9日(金)からは、店内がハロウィン仕様に変身し、「廃墟になった美術館」をコンセプトに、カボチャのランタンや不気味に演出された肖像画に自由に落書きができる。コスプレをして来店すると会計が10%オフになるキャンペーンも実施する。

期間中は、ハロウィン限定のフード&ドリンクメニューが登場。オバケをモチーフにしたキュートなスイーツ「背筋も凍る!?ひんやりお化けアイス」(702円)や、オバケマシュマロをラテに溶かして飲む「マシュマロハロウィンラテ」(702円)などが楽しめる。

10月10日(土)、30日(土)のバータイムと、31日(日)のカフェ&バータイムには、専用の絵の具で一流アーティストが顔に絵を描いてくれる「フェイスペインティングイベント」が行われ、よりハロウィン気分を盛り上げてくれる。

限定メニューやイベントを楽しみながら、店内中に落書きしてイタズラ気分を楽しもう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択