国内最大級のクラシック音楽祭『ラ・フォル・ジュルネ東京』 2018年のGWは音楽三昧! 丸の内と池袋で400公演を開催

レポート
クラシック
2018.2.21
中央:アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン氏、右端:KAJIMOTO 梶本眞秀代表取締役社長

中央:アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン氏、右端:KAJIMOTO 梶本眞秀代表取締役社長

画像を全て表示(5件)

「熱狂の日」として知られるクラシック音楽祭『ラ・フォル・ジュルネ東京(LFJ)』が、今年は5月3日から5日の3日間、東京国際フォーラム(千代田区丸の内)と、新たに加わった東京芸術劇場(豊島区池袋)の2会場を中心に開催される。1995年、フランスのナントで生まれ、2005年に東京に上陸したこの音楽祭は、「気軽にクラシック音楽にふれられる機会」としてゴールデンウィークのイベントとして定着し、13回目の昨年は約42万人を集めた。

14回目となる2018年から『ラ・フォル・ジュルネ東京』として名称を一新。「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」をテーマに、2地域で計約400公演が予定されている。このほど今年のLFJの概要について、アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン氏を迎え記者会見が行われた。

テーマは「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」

記者会見冒頭、KAJIMOTOの梶本眞秀代表取締役社長は「2005年の開始以来、音楽提供の実験室であり続けてきた」と挨拶。メジャーな音楽から普段聴く機会の少ないもの、子供連れでも入場可能な「0歳からのコンサート」など、多彩な音楽を提供してきたLFJは今年も実に多彩な音楽プログラムを用意している。

2018年からロゴも一新

2018年からロゴも一新

まず今年のテーマは「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」。マルタン氏によると、亡命や移住、移動など「新しい世界」を求めた音楽家や音楽をテーマに、中世から現代まで、「例年以上に幅広いプログラムでお届けする」。

例えば、「亡命」というテーマでは故国ポーランドを離れフランスで活躍したショパンや、ロシア革命でアメリカに渡ったラフマニノフやプロコフィエフ、第二次世界大戦で祖国を離れたヒンデミットやシェーンベルクの曲が取り上げられる。

また自身の意志で新天地へ渡った音楽家としてドボルザークやヘンデル、リュリなどの曲が組み込まれるほか、「音楽の世界に救いを求めた」という視点から、シューベルト(「冬の旅」)なども演奏される予定だ。さらに中世の十字軍歌や吟遊詩人の音楽、旅から旅を重ねたジプシー(ロマ)の音楽、アメリカで誕生したブルースやジャズ、アルゼンチンタンゴなど、例年になく幅広いラインナップとなっている。

多様なジャンルのミュージシャンが集結

こうした音楽を演奏するミュージシャンも多彩。LFJではすでにおなじみとなったピアニスト、ボリス・ベレゾフスキーや、若手ピアニストとして年々注目度が高まっているレミ・ジェニエやルーカス・ゲニューシャスは今年も来日予定だ。ヴァイオリニストの前橋汀子、イ・ムジチ合奏団の初登場も話題となるだろう。

国際色も豊かだ。
毎年おなじみの林英哲と英哲風雲の会による和太鼓は、今年没後50年になる藤田嗣治へのオマージュを奏でるという。英国からはルネッサンス音楽を奏でるリコーダー四重奏が参加。中世の音楽を得意とするフランスのアンサンブル・オブシディエンヌ、ジプシー・ヴァイオリンの名手シュポルツルのほか、アコーディオンによるアルゼンチンタンゴ、ニューオリンズ・ジャズのブラスバンドなど、国もジャンルも幅広い音楽家が集まることになる。東京にいながら、様々な世界の音楽シーンにふれるチャンスとなるだろう。

丸の内と池袋で約400公演

会場はお馴染みの東京国際フォーラムを中心とする丸の内エリアに、今年から東京芸術劇場を中心とした池袋エリア(豊島区)が加わった。豊島区では、2019年には芸術劇場前の公園に野外劇場を設けた広場を建設するなど文化都市を目指し再開発を行っている。高野之夫豊島区長によると、マルタン氏に「変わる可能性がある街、というお墨付きをいただいた」とのことで、LFJの初開催に意欲的。

高野之夫豊島区長

高野之夫豊島区長

有料公演は丸の内エリアで125公演、池袋エリアで53公演、無料公演も含めると2地域合計で約400公演が予定されている。無料公演は全公演の約3分の2で、丸の内では国際フォーラム前の広場や地下ホール、大手町などで、池袋では南池袋公園などで予定されている。有楽町と池袋は地下鉄有楽町線で約19分。「コンサートのハシゴも可能なので、ぜひ2つの会場で音楽を楽しんでほしい」とマルタン氏。

有料公演は1500~3000円(予定)。今年からLINEを利用したオンラインチケットを導入するなど、新たな試みも加えられている。

イベント情報

ラ・フォル・ジュルネ東京2018

日程:2018年5月3日(木・祝)・4日(金・祝)・5日(土・祝)
会場:丸の内エリア (東京国際フォーラム・大手町・丸の内・有楽町) 池袋エリア (東京芸術劇場・池袋西口公園・南池袋公園)

公式サイト:https://www.lfj.jp/lfj_2018/

シェア / 保存先を選択