EGO-WRAPPIN'、22曲で魅せた雨の日比谷「Dance, Dance, Dance」

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京・日比谷野外大音楽堂公演の様子。 (撮影:仁礼博)

EGO-WRAPPIN'「Dance, Dance, Dance」東京・日比谷野外大音楽堂公演の様子。 (撮影:仁礼博)

EGO-WRAPPIN'が7月4日にワンマンライブ「Dance, Dance, Dance」の東京公演を日比谷野外大音楽堂で実施した。

東京と大阪で行われるエゴの夏の恒例企画として、ファンの間ですっかり定着した「Dance, Dance, Dance」。今年の東京公演はあいにくの雨模様となったが、会場は観客が着用する色とりどりのレインコートやポンチョによって独特の風情が生み出された。なおこの日は中納良恵(Vo)と森雅樹(G)の2人に、末房央(Dr)、真船勝博(B)、ハタヤテツヤ(Key)、武嶋聡(Sax, Flute, Clarinet)、川崎太一朗(Trumpet)を加えたEGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX編成での演奏に。バンドは終始一体感のある演奏を見せ、エゴファンの夏祭りを盛大に彩っていった。

エゴのライブでおなじみの赤い工事灯が中納の手元でぼんやりと灯ったところでライブはスタート。バンドは軽快なスカナンバーをメドレー的に投下するなどホーンアンサンブルが魅力の楽曲を次々と重ね、梅雨空の野音にさわやかな風を送り込んでいく。また中納は伸びやかな歌声でオーディエンスのテンションを高めていき、序盤にしてすでにピークのような盛り上がりを生み出していった。

ライブの中頃には、中納と森の2人のみで演奏するコーナーも用意された。ここではリバーブによるウェットなエレキギター&ボーカルが雨の野外というシチュエーションと絶妙なマッチングを見せたなつかしのナンバーや、観客を巻き込んだピースフルな合唱が印象的な楽曲などが届けられ、ダンスチューンだけではないエゴの魅力が表現されていく。

その後もバンドは、迫力あるダブミックスが来場者を魅了したインスト曲やアレンジセンスが光るカバーなど、この日ならではの特別な演目でライブを展開。オーディエンスは中納の力強い歌声とバンドの織りなすグルーヴに身を委ねるようにゆったりと体を揺らしながら、ビールを飲んだり、一緒に歌ったりと思い思いのスタイルでそれぞれの楽曲を楽しんでいた。また中納が「来年は20周年なんで……曲いっぱい作っています。その中から1曲を披露させていただきましょうか」と語り、さっそく新曲(タイトル未定)をお披露目する一幕も。観客は演奏にあわせて手拍子をして、ダンサブルなこの新曲の完成を祝っていた。

そして最後はエゴのライブのだいご味である“キラーチューンの応酬”とも言える時間帯へ。バンドは代表曲を畳みかけてファンの熱狂をピークに誘い、本編を終了させた。さらにその後のアンコールでは2曲が披露され、計22曲におよんだこの日のイベントは大歓声の中幕引きとなった。

なお「Dance, Dance, Dance」は、8月2日に大阪・大阪城野外音楽堂でも行われる。

EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX「Dance, Dance, Dance」大阪公演

2015年8月2日(日)大阪府 大阪城野外音楽堂

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択