ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』大倉孝二×いとうせいこう×ブルー&スカイ×池谷のぶえに訊く、レッスン・コメディの最高傑作への意気込み

インタビュー
舞台
2018.5.25
(左から)大倉孝二 池谷のぶえ いとうせいこう ブルー&スカイ

(左から)大倉孝二 池谷のぶえ いとうせいこう ブルー&スカイ

画像を全て表示(8件)


大倉孝二とブルー&スカイによる演劇コンビネーション、ジョンソン&ジャクソンの最新作『ニューレッスン』が、2018年6月21日より東京・CBGKシブゲキ!!で上演される。共演は、いとうせいこう、池谷のぶえ。俳優の大倉と、劇作家・演出家のブルー&スカイが、共同で脚本・演出を手がけ出演もする。

ナンセンスなものが好きならば必見のキャスティングで、一体どのような“レッスン”をみせてくれるのか。大倉、ブルー&スカイ、いとう、池谷の4人が意気込みを語った。

(左から)大倉孝二 池谷のぶえ いとうせいこう ブルー&スカイ

(左から)大倉孝二 池谷のぶえ いとうせいこう ブルー&スカイ

そろそろ日本一くだらない芝居を

――『ニューレッスン』は、いとうせいこうさん、池谷のぶえさん、そしてジョンソン&ジャクソンの大倉さんとブルーさんの4人芝居になるそうですね。せいこうさんと池谷さんにオファーされた理由を教えてください。

ブルー&スカイ(以下、ブルー) 今まで僕はくだらない芝居しかやってきませんでしたが、そろそろ日本一くだらない芝居を作りたいと思いました。池谷のぶえさんと、いとうせいこうさんに出ていただければ、それが出来るんじゃないかと思いました。

大倉孝二(以下、大倉) お二人にお願いしたところ、まさかの快諾。たまにはこんなに良いことがあるんだなって思いました。

大倉孝二

大倉孝二

――出演オファーがあったときの、池谷さんのお気持ちは?

池谷のぶえ(以下、池谷) うれしいのと怖いのとが両方です。声をかけていただいた時は、とてもうれしかったです。他にどなたが出るか聞いたところ「あとはせいこうさん。4人です」と言われ、そこからは怖さが上回りました。

――何に対する怖さでしょうか。

池谷 私、せいこうさんに絶対に嫌われたくないんですよ。だって、せいこうさんは絶対に面白いことをされますよね。このメンツだと、みんな絶対に面白い。本当に恐ろしいです!(一同、笑)

――池谷さんはブルーさんとも旧知の中で、ジョンソン&ジャクソン第1回公演『窓に映るエレジー』にも出演されています。プレッシャーのないキャスティングかと思いました。

池谷 ブルーくんからはいまだに、どんな演出家の方よりも多くのダメ出しをもらいます。3行の台詞に対して15個くらいダメ出しをもらったり、大倉さんも音楽に対してものすごく厳しかったり。大倉さんとブルーくんって、やっぱりちょっとおかしいんですよ。ものすごくくだらないナンセンスなお芝居を、ものすごく真面目に作る。だから「ちゃんとやらなくちゃ」という怖さもあるんです。

大倉 ブルー&スカイと二人、居酒屋で泣きそうになりながら反省したり。稽古は、そういう雰囲気です。

いとうせいこう(以下、いとう) そういう感じなの!? この座組み、ちょっと嫌だなあ(苦笑)

――せいこうさんは、いかがでしょうか。久しぶりの舞台公演ですね。

いとう 僕はずっとシティボーイズとやってきました。彼らが舞台をやらないとなると、僕は笑いをやる場所がなくなってしまう。それもありジョンソン&ジャクソンの公演のたびに、楽屋で「いいな」「出たいな」と言ってきたんです。それにも関わらず、オファーをいただいた時「まさか出ないですよね?」みたな聞き方をされたんですよ。2人も周りのスタッフも「誰も俺の要望を聞いていなかったのか!?」と驚きました。

ブルー 人づてには……。

大倉 僕も人づてには……。

いとう 直接言ったよ! 俺にしたら珍しいくらいアピールした(笑)。あとは池谷さんと同じように、4人と知った時はプレッシャーを感じましたね。

いとうせいこう

いとうせいこう

44歳、役者志望

いとう 困ったな。本当に4人なんだよね?

大倉 どうしてもということなら誰か暇な人をつかまえますが、今はブルー&スカイの役者志望の気持ちが、どんどん強くなっている時期なので……。増えると辛いでしょ?

ブルー 人が増えると僕の出番が少なくなる(ブルー以外、爆笑)

大倉 彼、いまだに役者志望なんです。44歳、役者志望。

ブルー&スカイ

ブルー&スカイ

――皆さんからご覧になって、役者としてのブルーさんはいかがですか?

大倉 稽古中、見ていて一番腹が立つ人です。演出の時も結構自分でやってみせるのですが、それが全部二枚目みたいな芝居。唇を舐めながらカッコつける感じでイライラします。

ブルー 二枚目じゃないのに二枚目にやるところに意味があります。

いとう なるほどね(笑)。

大倉 ただ、フロム・ニューヨーク『サソリ退治に使う棒』(2018年2月上演)での彼の芝居は、とても面白かったんです。「よかった」と伝えたら、ものすごくうれしそうな顔をしていました。『ニューレッスン』でも、役者としてのブルー&スカイに期待しています。

池谷 ちょっとずつ演技が上手くなってきちゃっているのが懸念点ですね。もっと下手だった時の方が素敵だった(笑)。

いとう 上手くなるのはマズいよ。劇中の相手役と全くコミュニケーションしていない面白さは、そのままでいてほしい。突然「ちょっと声が大きすぎるんじゃないか?」みたいなところとかは、残してほしい。

ブルー でも個人的には上手くなりたいんです。

大倉 すみません。こういうところ、頑ななんです。

これ以上くだらないことはできないかの研究会

――『ニューレッスン』は、どのような作品になりそうですか?

大倉 上演時間90分くらいで、とことんくだらないことをしたいです。先輩であるせいこうさんと池谷さんにご出演いただけることが決まり、「僕たち二人が学ばせていただく側になりたいね」という話になりました。

ジョンソン&ジャクソンでは、コンビを組むときにブルー&スカイが「1人で書くの辛い。死にたくなる」というので作・演出に2人の名前が入っています。でも作品の支柱はブルー&スカイのセンスで、そこに僕がアイデアを出していくという形式です。『ニューレッスン』では、4人全員のやりたいことを入れながら作っていけたらと思います。

ブルー せいこうさんには「それは浅はかだ」とか、池谷さんに「それ前もやってたよ」とか言ってもらえると思いました。時間が許せば、これ以上くだらないことはできないか、どうでもいいことはできないか、話しながら台本も書きかえて作っていけるのが理想です。

池谷 責任重大だけど、おもしろそう。

いとう そういうのは久しぶりだな。ラジカル・ガジベリビンバ・システム(1985年-1989年に活動した演劇ユニット)は研究会みたいな雰囲気だった。誰かがアイデアを出しては、それに対し皆で「見たことある」「フランスで○○がやってる」って言い合う。「誰もやったことのないやつ」を探す。それが進化したものが、『ニューレッスン』の稽古でできればうれしいですね。誰もまだやったことのない笑わせ方があるのかもしれないからね。

――過去の公演のように、音楽的要素も入りますか?

大倉 僕は毎回やりたいんです。とりあえず楽器をひける人間はいないけれど、何かやる。

いとう バケツぐらい叩きますよ。存在しない楽器を創ったっていいんだし。

池谷 楽器から創ればいいね。でも「ちょっとカッコいい」って思われちゃったらどうしよう。前衛的になってしまったり。気をつけないとね。

池谷のぶえ

池谷のぶえ

大倉 ……大丈夫ですよ。僕ら、どこまで行ってもかっこよくはなりません。

――(笑)。現時点で、他にやりたいことはありますか?

ブルー 大倉さんのひとり芝居。

大倉 また言ってる。ブルー&スカイは『ゴドーは待たれながら』(2013年上演の一人芝居。作・いとうせいこう、演出・ケラリーノ・サンドロヴィッチ、出演・大倉孝二)が大好きで、前もやったんです。

池谷 また名場面だけやったら?

大倉 嫌だなあ。でも、こういう断片的なアイデアをどんどんぶちこんでいきたいですね。

いとう くだらないものが好きな方々にしたら、このメンツに期待値を相当上げますよね。それが怖い。期待に応えられる自分がいるのだろうかって。

ブルー ひっそりとやれば……(小声)。

いとう・池谷 え?

ブルー ひっそりとやれば、期待されないんじゃないですかね。

いとう 取材まで受けておいて、ファジーなことを言うねぇ!

大倉 ここにいる大人たちの時間をどうするんだよ!

メインビジュアルには大倉孝二が描いた4人の横顔の絵が採用された。「見事だね。すごい熱量を感じる。何に対する熱量かは分からないけれど、むやみな熱量がある」と、いとうせいこうも絶賛。

メインビジュアルには大倉孝二が描いた4人の横顔の絵が採用された。「見事だね。すごい熱量を感じる。何に対する熱量かは分からないけれど、むやみな熱量がある」と、いとうせいこうも絶賛。

教えるのか、教えないのかは解釈次第

――皆さんでアイデアを出し、くだらないものを作っていくスタイルとのことですが、ストーリーについては何かイメージされていますか?

大倉 まだないです。ストーリーを考えようという気がまだない。

いとう それだと記事にしてもらう時に困るでしょ?(笑)

ブルー レッスンものの最高傑作を目指します。あ。レッスンものだと広いので、レッスン・コメディの最高傑作を目指します。

大倉 今はじめて聞きました。

池谷 レッスンものでいいよ、レッスンものもレッスン・コメディも、そんなジャンルないんだから(笑)。

いとう レッスンものの最高傑作、ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』。誰かしらが何かしらを教え続ける90分。君は何回教えられるか!”とか、そういうの?(一同、笑)

大倉 そうなりますね。

いとう “教えるのか、教えられるのか!

ブルー 教えるのか、教えないのか!

いとう 教えない可能性もあるのか! ハラハラするな。

池谷 あ、教えないんだぁって。お客さんは、それぞれで好きに解釈してくれますしね(笑)。

大倉 “ニュー”がその辺りを誤魔化します。タイトルは名作っぽいんですよね。

『ニューレッスン』は、絶対観なきゃいけないやつ

 ――読者の方々へメッセージをいただけますか?

大倉 演劇という枠にとらわれず、限界まで一番くだらないものを目指します。先入観なしに渋谷109での買い物のついでに、試しに観にきてください。劇場の下にはユニクロもあります。フーターズもあります。想像しているものとは全く違うものになると思います。

池谷 大人になってからこんな実験ができるとは思いませんでした。これから作っていくので、私たちもまだ分かりませんが、『ニューレッスン』で絶対に新しいものを見つけたいなと思っています。ぜひそれを目撃しにいらしてください。

いとう 舞台で笑いをやるに際し、ものすごく尖ったメンバ―が集まっています。もし僕が学生の頃だったら「これは絶対観なきゃいけないやつだ!」「チェックしなきゃまずい!」というメンツ。僕が楽しみなんだから君たちも楽しみなはずだ、という論理ですね。ぜひ劇場に足をお運びください。

――最後にブルーさん、お願いします。

ブルー ファイトファイトで全力のファイトでがんばりますので、僕たちのファイトをどうか観にきてください。

大倉 ……やり直す?

ブルー 大丈夫です。

はやくもレッスンものの最高傑作誕生を予感させる4人の競演、ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』は、2018年6月21日より7月1日まで東京・CBGKシブゲキ!!、7月6日より7月8日まで大阪・ABCホールで上演。

(左から)大倉孝二 池谷のぶえ いとうせいこう ブルー&スカイ

(左から)大倉孝二 池谷のぶえ いとうせいこう ブルー&スカイ

取材・文=塚田史香  撮影=福岡諒祠

公演情報

ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』
 
■作・演出: ジョンソン&ジャクソン (大倉孝二 ブルー&スカイ)
■出演: 大倉孝二 いとうせいこう ブルー&スカイ 池谷のぶえ

 
【東京公演】
■日程:2018年6月21日(木)〜7月1日(日)13st 
■会場:CBGKシブゲキ!! 

 
【大阪公演】
■日程:2018年7月6日(金)〜7月8日(日) 4st
■会場:ABCホール

■主催・問い合わせ:キューブ 03-5485-2252(平日12時〜18時)
■後援:FM COCOLO(大阪公演)
■協力:リコモーション(大阪公演)
■企画・製作:キューブ
■一般発売:東京・大阪公演 チケット発売開始:2018年4月21日(土)
■詳細(開演時間・料金等)は→ http://cubeinc.co.jp/stage/info/jj2018.html
シェア / 保存先を選択