サマソニ出演が決定したジョルジャ・スミス、待望のデビュー・アルバムが6月に発売決定

ニュース
音楽
2018.4.27

画像を全て表示(2件)
 

ドレイクやスクリレックスも絶賛!! サマソニ出演が決定しているジョルジャ・スミスのデビュー・アルバムが発売決定!米人気TV番組でパフォーマンスを披露!

本年度の「BRIT Awards 2018」にて、最も活躍が期待される新人アーティストに贈られる"BRITs Critics' Choice 2018"を受賞した、イギリスのR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスが、待望のデビュー・アルバム『ロスト・アンド・ファウンド』を6月8日(金)にリリースすることが決定した。

2016年1月にリリースしたディジー・ラスカルの「Sirens」をサンプリングしたデビュー・シングル「Blue Lights」が注目を集め、ドレイクやスクリレックスらがこぞって絶賛。ドレイクのUKツアーでサポートに抜擢されたほか、各メディアで年間ベスト入りを果たした彼の新作ミックステープ『モア・ライフ』にも2曲でフィーチャリング・ゲストとして参加していたジョルジャ。さらに、ケンドリック・ラマーがプロデュース&キュレーションを務めたサントラ『ブラックパンサー:ザ・アルバム』に参加したり、はたまた今年8月に開催されるサマーソニックにて初来日公演を行なうことが決定するなど、新人にしてこれでもかと話題を振りまいてきた。

そんな彼女のデビュー・アルバム『ロスト・アンド・ファウンド』には前述の「Blue Lights」をはじめ、ドレイクがお気に入りの曲として挙げた「Where Did I Go?」や「Teenage Fantasy」など既発のシングルを含む全12曲を収録している。17歳から20歳までの3年間にジョルジャが作り上げてきたという楽曲たちは、若者らしい茶目っ気のあるクセになるポップな精神が彼女自身が持つカリスマ性と合わさり、独特なストーリテリングと的確な見解を述べている。まさに、いかに彼女が特別な存在であり、ここ最近のUKで最もブレイクが期待される女性アーティストの一人として愛されてきたのかがわかる要素がたっぷりと詰まっている。『ロスト・アンド・ファウンド』は極上のサウンドで、パーソナルでありながらも共感を持てるトピックをジョルジャだからこその説得力で伝えている、そんな作品なのだ。

すでに3度UKツアーをソールド・アウトさせ、先週はコーチェラ・フェスティバルにも出演。その合間をぬって出演した米人気TV番組『ジミー・キンメル・ライブ!』で披露した「Blue Lights」のパフォーマンス映像が公開されたばかりなので、要チェックだ。

 

『ジミー・キンメル・ライブ!』での「Blue Lights」パフォーマンス映像はこちら:

 

アルバム発売から2ヶ月という最高のタイミングで出演するサマソニ。日本でもジョルジャ旋風が巻き起こることが期待される。

イベント情報

SUMMER SONIC 2018
2018年8月18日(土)、8月19日(日) 
東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ 
大阪:舞洲 SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
◆1DAY チケット
¥16,000(ブロック指定) 
◆2DAY チケット
¥29,000(ブロック指定)
◆プラチナチケット
※サマソニ 1DAY+プラチナ特典(ブロック指定) 
<プラチナ特典>
専用ヴューイングエリア、専用ラウンジ、専用クローク、
グッズ売り場ファストレーン、ウェルカムドリンク、会場間専用シャトルバス
¥30,000(ブロック指定)
※チケット代は全て税込み
※ZOZO マリンスタジアム内のアリーナエリアのみ L ブロックと R ブロックに分かれるブロック指定となります。
◆特典付き先行キャンペーン
受付期間:3/1(木)~

リリース情報

ジョルジャ・スミス「ロスト・アンド・ファウンド」
海外発売日:2018年6月8日(金)
レーベル:Hostess Entertainment
※日本盤CDは後日ご案内

<トラックリスト>
01. Lost & Found
02. Teenage Fantasy
03. Where Did I Go?
04. February 3rd
05. On Your Own
06. The One
07. Wandering Romance
08. Blue Lights
09. Lifeboats (Freestyle)
10. Goodbyes
11. Tomorrow
12. Don't Watch Me Cry

ショートバイオ

1997年生まれ、英ウォルソール出身のシンガー・ソングライター。ディジー・ラスカルの「Sirens」をサンプリングしたデビュー・シングル「Blue Lights」を発表すると、ドレイクやスクリレックスらがこぞって絶賛。"BBC Music Sound of 2017"で4位にランクインして注目を集めると、ドレイクのUKツアーでサポートに抜擢され話題を呼んだ。2018年に入ると、ブリット・アワードが有力新人を投票により選出するクリティック・チョイス・アワード賞(過去にはアデルやサム・スミスも受賞)を獲得。さらに、ケンドリック・ラマーがプロデュース&キュレーションを務めたサントラ『ブラックパンサー:ザ・アルバム』(2018年)においても「I Am」でヴォーカルを披露している。6月には待望のデビュー・アルバム『ロスト・アンド・ファウンド』を発売、8月にはサマーソニックに出演することが決定している。
シェア / 保存先を選択