小田和正、剛力彩芽らがHYのセルフカバーベストアルバム収録楽曲にコメント

ニュース
音楽
2018.8.22

本日、自身初のセルフカバー・ベストアルバム『STORY~HY BEST~』をリリースしたHY。リリースにあたり、親交のあるアーティストや俳優などから思い出深いHY楽曲と、それにまつわるコメントが公開された。

番組での共演で出会った小田和正、番組やイベントでの共演で親交がある槇原敬之。自らHYのライブに足を運ぶ剛力彩芽。高橋みなみは、HYの名嘉俊(Dr/Vo)がファーストアルバムに楽曲を提供している。南沢奈央は、2008年に自身が主人公をつとめ、映画&ドラマ化された『赤い糸』の主題歌「366日」にコメント。番組共演で「HYの楽曲に元気をもらっています」と語っていた渡辺直美は、「NAO」と自分の経験を重ねたコメントを寄せた。

9月22日からは、このアルバムを引っさげて、4回目となる47都道府県を廻る全国ツアー『HY STORY TOUR ~うさがみそーれ めんそーれ そーれそれそれ ゆくいみそーれ~』がスタート。チケットは、本日よりイープラスにて特別先着販売スタートしている。

小田和正 「366日」

『クリスマスの約束』という番組に仲宗根泉ちゃんに来てもらって演奏した「366日」は悲しく、突き刺さるような曲でした。コーラスを勝手にあちこちつけたので「それはいらない」と言われるかとちょっと心配でしたが、すべてそのまま受け入れてくれました。本番の彼女のパフォーマンスは圧巻でした。「366日」を一緒に演奏したことは曲とは裏腹にとても楽しい思い出です。


槇原敬之 「366日」

人は大抵、本当のことを知った時、それまで自分が想像していたどんなものとも違う感情が胸にやってくる事に、驚き戸惑ってしまうもの。
この曲は「恋をするとはこういうものか」という新鮮な不安感を思い出させてくれます。
たとえば僕の場合、大好きな人と夢の中でやっと手をつなげたことが嬉しくてワンワン泣きながら目覚めた、遠い日のことを思い出しちゃったりします(笑)。
あなたもそうでしょう?


剛力彩芽 「NAO」

ベストアルバムおめでとうございます! HYさんは私が小学生の頃から当たり前のように聴いていた音楽、好きな曲を一曲! というのは難しいですが…頑張って一曲出すとしたら…「NAO」です! 小学生ながら長く片想いしていた子を重ねて聴いていました。
歌詞に共感して、時には泣いたり、勇気をもらって。その一曲が、高校生になった頃、私がカラオケで歌わせてもらうと、今度は片想いしている友だちが泣いてくれてるんです。あぁ、いつの時代も、片想いできるって幸せなこともあるけど苦しかったり切なかったり…いろんな感情が溢れでるもので、年齢も性別も関係ないんだなって感じさせてくれる一曲です。
HYさんが綴る言葉は真っ直ぐで素直な想いが、いつも心臓にストレートに響きます。これからも楽しみにしています!


高橋みなみ 「NAO」

この曲は2006年にリリースされていて、私はこの時15才中学3年生でした。歌詞があまりに切なくて何度も何度も読み返したのを覚えています。
まだまだ本気の恋なんてした事のない年齢だったので
ここまで人を好きになるって素敵だな、切ないな、なんて思っていましたが、
今27才になって改めて聞くと違った角度で聞こえてくる。
聞き手がいくつになっても色あせる事なく、年齢によって解釈が変わる。
私の中では、10年後も20年後も聞いていきたい楽曲の1つです。


南沢奈央 「366日」

初めて出会ってから、10年が経った。聴くたびに、18歳だった頃の自分の感覚が蘇る。当時この曲を、どんな景色を見て、どんな匂いを感じて、どんな気持ちで聴いたか。恐いくらい覚えていた。静かなイントロがすぅっと身体の中に入ってきて、歌声が全身を揺らす……。それが新生「366日」で、過去は思い出になり、現在の自分の感覚に更新された気がした。366日と自分の人生は、これからも結ばれつづけていくことだろう。運命の赤い糸のように。


渡辺直美 「NAO」

NAOが大好きです。
私の人生は片想いが多くて、NAOは私の気持ちをまさに歌っていて、むしろ私のために作ってくれたの?ってくらい共感しまくりの歌です。いつも好きな人と友達が付き合う事が多いのでこの歌を聴いて泣いてました!笑
泣いて次の日スッキリ、次に行こう!とさせてくれた曲です。

ツアー情報

2018-2019全国ツアー
『HY STORY TOUR ~うさがみそーれ めんそーれ そーれそれそれ ゆくいみそーれ~』

9月 22日(土) 【沖縄】宜野湾海浜公園屋外劇場 16:00 / 17:00  
9月 29日(土) 【山梨】東京エレクトロン韮崎文化ホール 16:00 / 17:00 
9月 30日(日) 【神奈川】ハーモニーホール座間 17:00 / 18:00 
10月 5日(金) 【千葉】八千代市市民会館 18:00 / 19:00 
10月 6日(土) 【群馬】みかぼみらい館 16:00 / 17:00  
10月 8日 (月・祝) 【埼玉】三郷市文化会館 16:00 / 17:00 
10月 12日 (金) 【静岡】三島市民文化会館 17:30 / 18:30 
10月 14日 (日) 【岐阜】バロー文化ホール(多治見市文化会館) 16:00 / 17:00  
10月 20日 (土) 【福島】郡山市民文化センター 中ホール 17:00 / 18:00    
10月 21日 (日) 【栃木】栃木市栃木文化会館 16:00 / 17:00 
10月 25日 (木) 【岡山】岡山市民会館 17:30 / 18:30 
10月 26日 (金) 【広島】JMSアステールプラザ 大ホール 17:30 / 18:30 
10月 28日 (日) 【島根】島根県民会館 16:00 / 17:00 
11月 4日 (日) 【長崎】壱岐の島ホール 16:00 / 17:00 
11月 10日 (土) 【宮崎】日向市文化交流センター 16:00 / 17:00 
11月 11日 (日) 【福岡】久留米シティプラザ ザ・グランドホール 16:00 / 17:00 
11月 15日 (木) 【秋田】大館市民文化会館 17:30 / 18:30  
11月 17日 (土) 【岩手】田園ホール(矢巾町文化会館) 17:00 / 18:00   
11月 18日 (日) 【青森】十和田市民文化センター 16:00 / 17:00   
11月 23日 (金・祝) 【鳥取】米子市公会堂 16:30 / 17:30 
11月 25日 (日) 【山口】周南市文化会館 16:00 / 17:00 
12月 1日 (土) 【佐賀】佐賀市文化会館 16:00 / 17:00 
12月 2日 (日) 【熊本】荒尾総合文化センター 16:00 / 17:00 
12月 4日 (火) 【鹿児島】鹿児島市民文化ホール 第1ホール 18:00 / 19:00  
12月 7日 (金) 【福井】鯖江市文化センター 17:30 / 18:30 
12月 9日 (日) 【富山】高周波文化ホール 16:00 / 17:00  
12月 15日 (土) 【福岡】福岡市民会館 16:00 / 17:00  
12月 16日 (日) 【大分】宇佐文化会館・ウサノピア 16:00 / 17:00  
12月 21日 (金) 【兵庫】神戸国際会館こくさいホール 18:00 / 19:00 
12月 22日 (土) 【京都】八幡市文化センター 大ホール 17:00 / 18:00  
12月 24日 (月・祝) 【滋賀】守山市民ホール 大ホール 16:00 / 17:00 

2019年
1月 12日(土) 【北海道】札幌市教育文化会館 大ホール 16:00 / 17:00     
1月 17日(木) 【石川】白山市松任文化会館 17:30 / 18:30    
1月 19日(土) 【長野】須坂市文化会館メセナホール 16:00 / 17:00     
1月 20日(日) 【新潟】新潟県民会館 16:00 / 17:00       
1月 29日(火) 【三重】三重県文化会館 中ホール  17:30 / 18:30     
1月 30日 (水) 【愛知】日本特殊陶業市民会館 フォレストホール 17:30 / 18:30     
2月 2日 (土) 【茨城】結城市民文化センター アクロス 16:00 / 17:00    
2月 3日 (日) 【東京】TOKYO DOME CITY HALL 16:00 / 17:00     
2月 9日 (土) 【山形】シェルターなんようホール(南陽市文化会館) 16:00 / 17:00       
2月 10日 (日) 【宮城】仙台電力ホール 16:00 / 17:00    
2月 16日 (土) 【愛媛】松前総合文化センター 16:00 / 17:00       
2月 17日 (日) 【高知】高知市文化プラザかるぽーと 16:00 / 17:00     
2月 23日 (土) 【徳島】鳴門市文化会館 16:00 / 17:00      
2月 24日 (日) 【香川】サンポートホール高松 16:00 / 17:00     
2月 28日 (木) 【大阪】オリックス劇場 17:30 / 18:30     
3月 2日 (土) 【奈良】なら100年会館 大ホール 16:00 / 17:00     
3月 3日 (日) 【和歌山】和歌山市民会館 大ホール 16:00 / 17:00        
3月 9日 (土) 【長崎】アルカスSASEBO 16:00  
And more…?
[お問い合わせ] TOTAL INFO. Livemasters Inc. 03-6379-4744

リリース情報

HYセルフカバーベストアルバム
『STORY ~HY BEST~』

8月22日リリース (ユニバーサルJ)
■初回限定盤 【2CD (30曲収録)+DVD】 UPCH-7441 価格¥4,500(税抜)
<収録曲> 全30曲収録
 [Disc-1]
1. ホワイトビーチ
2. 革命
3. Ocean
4. 旅立ち
5. AM11:00
6. 隆福丸
7. あなた
8. さあ行こう
9. Street Story
10. てがみ
11. そこにあるべきではないもの
12. Song for…
13. モノクロ
14. canvas
15. NAO
[Disc-2]
1. 未来
2. 366日
3. 時をこえ
4. ガジュマルビート
5. 南風
6. いちばん近くに
7. 帰る場所 ★
8. エール ★
9. あなたを想う風 ★
10. my friend ★
11. 風になって花になって ★
12. スマイル ★
13. HAPPY ★
14. 三月の陽炎 ★
15. Fortune
★・・・既発の音源を収録。 
 
[DVD]
・HY PRE STORY TOUR ?HUB CLUB LIVE? (2018.7.12)
隆福丸
AM11:00
Fortune
366日
HY▽SUMMER
・旅立ち in 北谷 Street Live (2018.7.6)
・ホワイトビーチ Live Music Video
・『STORY ~HY BEST~』ジャケット制作メイキング

■通常盤 【2CDのみ】 UPCH-2169/70  価格¥3,500(税抜)
<収録曲> 全30曲収録
*初回限定盤と同じ
■スペシャル・プライス盤(初回プレス限定)【1CD (15曲収録)】 UPCH-7442  価格:\1,800(税抜)
 
<収録曲> 全15曲収録
1. ホワイトビーチ
2. AM11:00
3. 隆福丸
4. トゥータン
5. あなた
6. さあ行こう
7. Song for…
8. モノクロ
9. NAO
10. 366日
11. いちばん近くに
12. 帰る場所 ★
13. エール ★
14. あなたを想う風 ★
15. HAPPY ★    
★・・・・既発の音源を収録。 
●セルフカバーベストアルバム 『STORY ~HY BEST~』 特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/hy/story/

HYトリビュートアルバム『CHANPURU STORY ~HY tribute~』
UPCH-2168 ¥2,500(税抜)
8月8日リリース
<収録曲> 全10曲収録
1. AM11:00 / クレイユーキーズ with 井上苑子
2. 隆福丸 / MONGOL800 ・既発の音源を収録
3. NAO / 加藤ミリヤ 
4. 昔の人よ / 青山テルマ 
5. ささくれ / WEAVER
6. HAPPY / 上白石萌音 
7. Song for… / 清水翔太 
8. ホワイトビーチ / BIGMAMA 
9. 帰る場所 / 宮沢和史
10. 366日 / ネーネーズ 
シェア / 保存先を選択