神田のど真ん中で行われる“アーバンキャンプ”とは?

ニュース
イベント/レジャー
2015.10.28


10月31日(土)~11月3日(火・祝)、「アーバンキャンプトーキョー2015」が神田で開催。東京電機大学跡地でキャンプをするイベントで、ホームページから予約し、期間中好きな日程で1泊2日のキャンプを楽しめる。予約が空いていれば当日参加も可能だ(予約定数時は当日参加不可)。

■ 料理教室やバーカウンターも

参加費は1200円~3000円(日程により異なる)。12:00~16:00にチェックインし、都会の真ん中で約8000平米のビル跡地にテントを張り、翌日10:00のチェックアウトまで各々自由に過ごせるほか、多彩なイベントも行われる。

テントは持ち込みもできるが、チェックイン後にチケットをもらい「スノーピークストア お茶の水店」で「テント張りワークショップ」に参加すれば、その場でテントを購入でき、会場で張り方を教えてもらえる。

10月31日(土)~11月2日(月)の16:00~17:00には、先着10名が参加できる「みんなでつくろう!シングルバーナークッキング」を開催。神田の町で好みの食材を買い、「スノーピークストア お茶の水店」のスタッフに教えてもらいながら、シングルバーナーなどを使用して料理ができる。

11月2日(月)の18:00~23:00には、全長約30mの即席バーカウンターが出現する「じもとナイト」が開催。47都道府県のママ&マスターが登場し、全国の料理などを1軒につきワンチケット500円で味わえる。

朝には、地元のコーヒー店やベーカリーショップによる販売、さらにはヨガなども行われ、最後まで充実したキャンプを楽しめる。

期間中、神田の町で行われる「神田古本まつり・青空掘り出し市」や「大江戸ビール祭り」に繰り出すのもまた一興だ。

忙しくてなかなか遠出が難しいという人は、自然とはひと味違う“都心キャンプ”を楽しんでみては?【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択