宮野さん・細谷さん・櫻井さんらが本編公開の喜びを語る! 劇場版『亜人』ワールドプレミア舞台挨拶より公式レポート公開

レポート
2015.10.30
劇場版『亜人』ワールドプレミア舞台挨拶より公式レポート公開

劇場版『亜人』ワールドプレミア舞台挨拶より公式レポート公開

 決して死なない新人類・亜人と、それを追う日本国政府。両者の戦いを、斬新なアクションと緻密な心理描写で描く大ヒットコミック「亜人」(桜井画門/講談社『good! アフタヌーン』連載)が、待望のアニメ化! 10月28日(水)には、第28回東京国際映画祭パノラマ作品部門より劇場アニメ3部作 第1部『亜人-衝動-』が、TOHOシネマズ 六本木ヒルズでワールドプレミア上映が開催。本作のメインキャストである、宮野真守さん、細谷佳正さん、櫻井孝宏さん、小松未可子さん、平川大輔さん、洲崎綾さんに加え、瀬下寛之総監督、安藤裕章監督の8名が登壇した、舞台挨拶も行われました。公式レポートが到着したので、当日の模様をご紹介しましょう♪

◆公式レポートで当日の模様を大紹介!
●本作で主役・永井圭役を演じた宮野さんよりご挨拶
宮野さん:永井圭役を演じております、宮野真守です。今日は僕らがこだわって、魂を注いで作った作品を皆さんに観て頂けたとても特別な日です。今日は宜しくお願い致します。」と公開された喜びを交えつつ挨拶をすると、会場内からは大きな歓声とともに、盛大な拍手が巻き起こりました。

●映画をご覧になった感想について
細谷さん:台本から読み取れる作品の雰囲気や、収録中にスタッフさんがせわしなく動いている姿を見て、まるでハリウッド映画みたいだと感じました。スタッフさんの力と僕らキャストの思いが融合してできた作品だと思っております。

櫻井さん:人間の本能に訴えかける、生きるってなんだろうなと考えさせられる作品だと思います。人間ってなんだろう?と考えさせられる良いきっかけになった作品でした。

●思い入れのあるシーンや、魂を込めたシーンについて
小松さん:アニメーションではなかなか見られないような、細かい動きや仕草がたくさん詰め込まれていたり、人の心理から出てくる行動がリアルに描かれているので、すべてのシーンが印象に残っています。

平川さん:IBMの戦闘シーンは本作の見どころの一つでもあるのですが、我々が文字から映像をイメージし、それを共有して演技しているので非常に苦労しました。

洲崎さん「私たちの演技がそのまま映像化されていたりするので、スタッフさんに信頼され 
ていると感じ、光栄でした。また、普通のアニメのアフレコ以上にキャラクターに入り込まないといけないので、すごく緊張しました。」とプレスコ時のエピソードを明かしました。

●本作の見どころ
瀬下総監督:非常にユニークな原作に声優の皆さんのラジオドラマとしても通用する素晴らしい演技、それを聞いて刺激を受けたアニメーターの作る映像、音響スタッフの凄まじい劇伴や効果音など様々な要因が相乗効果となり、演出家の想像を超える作品となったと思います。永井圭という主人公はどこにでもいる男の子ですが、死ねないけれど必死に生きていこうとする物語です。これは新しいヒーロー像だと思いますので、これからの永井圭が選択する行き様に注目してもらえればと思います。

●最後の一言
宮野さん:僕は永井圭の人間らしい嘘がない生々しさが好きですし、演じることができ楽しかったです。この作品はリアルとファンタジーの融合が非常に気持ちの良い作品ですので、そこを楽しんで頂けたらと思います。これからも『亜人』をよろしくお願いします。

★会場やニコ生中継をご覧になっている皆さんへメッセージを送り、大盛況のうちにイベントを終了致しました。

◆公開情報
劇場アニメ3部作:劇場アニメ3部作 第1部『亜人 —衝動—』
2015年11月27日(金)より TOHOシネマズ新宿ほかにて2週間限定公開
配給:東宝映像事業部  
上映時間:105分 PG-12指定

TVシリーズ:『亜人』
2016年1月15日(金)より、MBS・TBS・CBC・BS-TBS“アニメイズム枠”にて順次放送開始

>>『亜人』公式サイト
>>http://www.ajin.net/
#亜人計画

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択