柳家花緑「創作落語と古典落語、二つの面白さを体験していただきたい!」『花緑ごのみ vol.36』

インタビュー
舞台
2018.10.1
柳家花緑

柳家花緑

画像を全て表示(3件)

2018年10月26日(金)、27日(土)にイイノホールにて、柳家花緑『花緑ごのみ vol.36』が上演される。本公演は落語家・柳家花緑の36回目となる独演会で、新作落語「鶴の池」(~バレエ・白鳥の湖~より) ほか、古典二席を披露する予定だ。落語界の新しい未来を切り拓く注目の存在である彼に、公演に向けて話しを聞いた。

ーー今回で36回目となる『花緑ごのみ』ですが、初めて来られるお客様にどんな会か教えて下さい。

この会は、私が初めてやる落語(ネタおろし・初演)や、久し振りで忘れてしまってた落語をもう一度やってみよう!という会です。

柳家花緑

柳家花緑

ーー「練り直し」の会とありますが、それを始めたきっかけは。

演目自体は面白いのに、忘れてしまっていたり、私が面白く演じられなかった。つまり“未練”がある演目をもう一度練り直して、やり直したい。と思ったことがきっかけでした。

ーー演目に「鶴の池」~バレエ白鳥の湖より~とありますが今回の演目はどのように決められましたか? また、どんなお話しなのでしょうか? みどころなど教えて下さい。

始めに「ジゼル」というバレエ作品を「おさよ」という落語にし、それがとても面白く出来上がりました。そこで、次にこの超有名なバレエ作品「白鳥の湖」も落語にしたのですが、初演はあまり上手く演じられませんでした。今回は、リベンジマッチです。これから度々演じられる演目にすることが目標です。どんなお話か? は「白鳥の湖」を和物にしたものですが、バレエが落語にどう変わったのか? が見どころです!

柳家花緑

柳家花緑

ーーお客様へのメッセージをお願いします。

当日は、創作落語「鶴の池」にくわえ、古典落語もお聞きいただきますので、二つの面白さをご体験いただく機会になると思います。是非お越し下さい。よろしくお願いします。

公演情報

『花緑ごのみ vol.36』
 
演目: 新作落語「鶴の池」(~バレエ・白鳥の湖~より) / 他 古典二席
出演: 柳家花緑
会場: イイノホール
日程:
2018年10月26日(金)19時開演
​2018年10月27日(土)13時開演 
※開場は開演の30分前
 
入場料: 前売・当日 3,800円(全席指定・税込) ※未就学児入場不可

公演に関するお問合せ:
ミーアンドハーコーポレーション 03-5466-2185(平日12:00-18:00)
チケットに関するお問合せ: サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00-18:00)
シェア / 保存先を選択