新発見! 唐十郎・幻の第一作となる未発表小説&未発表シナリオ、雑誌「文藝」2018年冬号に掲載

ニュース
舞台
2018.10.3
唐十郎

唐十郎

画像を全て表示(6件)

 

唐十郎・幻の第一作となる未発表小説「懶惰の燈籠(らんだのとうろう)」(42枚)、未発表シナリオ「幽閉者は口あけたまま沈んでいる」(64枚)が、半世紀の時を超え、発見された。 「文藝」2018年冬号(2018年10月6日発売/河出書房新社)に掲載される。

本作は、 唐が学生時代に、当時大学の先輩で後に脚本家となる布勢博一氏(2018年8月死去、代表作に『熱中時代』他)に預けたもの。原稿は布施氏が他界する2ヵ月前に、批評家の樋口良澄氏(『唐十郎論 逆襲する言葉と肉体』他)へと渡った。それらがこのほど、現在病気療養中の唐に代わって樋口氏の尽力により「文藝」2018年冬号(2018年10月6日発売/河出書房新社/東京都渋谷区/代表取締役社長 小野寺優)で初めて公に発表されることとなった。

これまで唐十郎氏の第一作は、 劇団「状況劇場」結成時に執筆された戯曲『24時53分「塔の下」行は竹早町の駄菓子屋の前で待っている』とされてきたが、本稿の発見は表現者・唐十郎をめぐる解釈、さらには演劇史、文学史までも大きく揺るがすものとなる。

今回発見された二作について、樋口氏はこう語る。 

「一見よくある小説とシナリオのようだが、その内実は反リアリズム・幻想と現実・見る/見られる・水・自閉とその反転など、現在に続く唐十郎の世界が色濃く流れている。

また、安保の挫折・教養主義的/近代主義的な知の転換・貧富の差の一方で、テレビやゴルフなど新しいライフスタイルの勃興も描かれるなど、 時代の刻印を強く受けていたことも感じる。

本稿は、 作家・唐十郎の原点を探る貴重な資料であるとともに、演劇史、文学史にもあらたな1ページを刻むものとなる。 」

当原稿ついての詳しい経緯と解説は、「文藝」冬号に掲載される樋口氏の解説「<唐十郎>へ、 初源への遡行」に綴られている。

なお、 明治大学駿河台キャンパス図書館ギャラリーにて「実験劇場と唐十郎1958-1962」が2018年10月5日(金)~28日(日)に開催され、本作の生原稿が展示される(下記参照)。すぐ近くで上演される劇団唐組の紅テント公演『黄金バット~幻想教師出現~』の観劇ついでに立ち寄ってみてはいかがだろうか。

書籍情報

唐十郎・未発表小説「懶惰の燈籠」、未発表シナリオ「幽閉者は口あけたまま沈んでいる」

■雑誌:「文藝」2018年冬号
■発売日:2018年10月6日(土)
■本体:1300円(税別)
■公式サイト:http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979571/

イベント情報

企画展『実験劇場と唐十郎 1958-1962 ー「アングラ」の前に「実験」があった!-』
 

■会場:明治大学・駿河台キャンパス図書館ギャラリー
■日程:2018年10月5日(金)~10月28日(日)
■開館時間
平日 8:30〜22:00
土曜 8:30〜19:00
日曜 10:00〜17:00
※明治大学図書館のホームページにてご確認の上、お越しください。
■主催 明治大学文学部
■問い合わせ 明治大学文学部事務室 TEL 03-3296-4180
■公式サイト:http://www.meiji.ac.jp/bungaku/info/2018/6t5h7p00000syyw4.html

 
★関連イベント★
●シンポジウム『実験劇場と唐十郎』
2018年10月13日(土) 15:00〜
明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー1083教室
出席:
永堀徹(実験劇場)甲賀元嘉(実験劇場)
神山彰(明治大学文学部 演劇学専攻教授)
久保井研(劇団唐組 座長代行)
樋口良澄(唐十郎アーカイヴ運営委員)

●講演・ワークショップ『唐十郎の演劇世界』
2018年10月9日(火)  13:30〜
明治大学 駿河台キャンパス構内10号館裏 猿楽通り沿い特設紅テント

公演情報

劇団唐組第62回公演 唐組30周年記念公演第2弾『黄金バット~幻想教師出現~』

■作:唐十郎  
■演出:久保井研+唐十郎 
■役者陣:久保井研/藤井由紀/岡田悟一/清水航平/福本雄樹/河井裕一朗/福原由加里/大澤宝弘/加藤野奈/佐藤弓季/全原徳和/内野智/月船さらら/松本征樹/大岸明日香/新美あかね/河村岳司

 
■日程・会場:
♢御茶ノ水=猿楽通り沿い特設紅テント
(JR「御茶ノ水」駅より徒歩10分、東京メトロ半蔵門線/都営三田線「神保町」駅より徒歩6分)
2018/10/06(土)~18/10/21(日)
10/6(土)7(日)・12(金)13(土)14(日)・19(金)20(土)21(日)毎夕7時 (開場6時30分)  
♢池袋=雑司ヶ谷・鬼子母神
(「池袋」駅・都電荒川線「鬼子母神前」駅・副都心線「雑司ヶ谷」駅下車)
2018/10/27(土)~18/11/4(日)
10/27(土)28(日)・11/2(金)3(土)4(日)毎夕7時 (開場6時30分)  
   
■入場料:前売券3,500円、当日券3,600円、学生券3,000円(劇団でのみ販売 ※当日受付で学生証をご提示下さい)  
※入場整理券(前売り券と引き換え)及び当日券は、午後2時より受付にて発行致します。
※独立した幼児以外の幼児は入場をご遠慮下さい。
■公式サイト:https://ameblo.jp/karagumi/

公演情報

Bunkamura 30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019
『唐版 風の又三郎』


■作:唐十郎
■演出:金守珍
■出演:
窪田正孝、柚希礼音、北村有起哉、丸山智己、江口のりこ、
大鶴美仁音、えびねひさよ、広島光、申大樹、染野弘考、小林由尚、加藤亮介、
三浦伸子、渡会久美子、傳田圭菜、佐藤梟、日和佐美香、清水美帆子
石井愃一、山崎銀之丞、金守珍、六平直政、風間杜夫
■企画・製作:Bunkamura

 
【東京公演】
■公演期間:2019年2月8日(金)~3月3日(日)
■会場:Bunkamuraシアターコクーン
■チケット発売日:2018年11月25日(日) AM10:00~
■チケット料金:S席10,500円 A席8,500円 コクーンシート5,500円(全席指定・税込)
■主催:Bunkamura
■チケットに関する問合せ:Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(10:00~17:30)
■公演に関する問合せ:Bunkamura 03-3477-3244(10:00〜19:00) http://www.bunkamura.co.jp

 
【大阪公演】
■公演期間:2019年3月8日(金)~13日(水)
■会場:森ノ宮ピロティホール
■チケット発売日:2019年1月中旬予定
■主催:サンライズプロモーション大阪
■問合せ:キョードーインフォメ―ション 0570-200-888(10:00〜18:00) http://www.kyodo-osaka.co.jp
シェア / 保存先を選択