【速報】シャーロット・ケイト・フォックスがブロードウェイ・デビュー!!

動画
レポート
舞台
2015.11.2
 photos:(c)Masahiro Noguchi

photos:(c)Masahiro Noguchi

『マッサン』シャーロット・ケイト・フォックスが『CHICAGO』ブロードウェイ・デビュー!!

ニューヨークはブロードウェイ演劇街のほぼド真ん中に位置するアンバサダー劇場において、10月31日(土)14:30(ニューヨーク現地時間)、シャーロット・ケイト・フォックスがミュージカル『CHICAGO』に登場した。彼女はNHK連続テレビ小説『マッサン』でエリー役を演じ、 一躍国民的ヒロインとなったアメリカ人。この日、遂に祖国のミュージカルの聖地で、念願のブロードウェイデビューを飾ることが出来たのだ。

『CHICAGO』といえば、「オール・ザット・ジャズ」をはじめとする素晴らしい楽曲と、セクシーかつスタイリッシュなダンスによって彩られた超有名ミュージカル。シャーロットは。 ずっと夢だったという大舞台で、 浮気相手を殺害した容疑で一躍メディアの寵児となるヒロイン、 ロキシー・ハート役を躍動感に満ちたパフォーマンスで演じ切り、 大いに観衆を魅了した。 

華奢な身体に映えるセクシーな黒のミニドレスに身を包み、 さらには新鮮な赤毛のウィッグ姿で、 あの輝くようなブロンドヘアーを封印。 ビジュアル面では「ニッポンのお茶の間を虜にした、 あのシャーロットはどこに?!」と驚かされるが、 芯のあるチャーミングな個性は健在!良妻エリー役とは真逆の"艶やかな悪女"ロキシー役でも、 どこか憎めない愛らしさで周囲を魅了し、 ポジティブに前へ前へと進んでいく彼女ならではの女性像で、 一風変わったスタイルで"アメリカン・ドリーム"を描く『シカゴ』らしさを存分に体現していた。 

加えて歌とダンスについても、 見事な舞台度胸で初日から揺るぎないパフォーマンスを披露。 ブロードウェイのベテラン俳優である共演者からも演技のリズム感を賞賛され、 100点満点のNY舞台デビューで新たな魅力を開花させた。

photos:(c)Masahiro Noguchi

photos:(c)Masahiro Noguchi

終演後には、 ロキシーのライバル、 ヴェルマを演じたアムラ=フェイ・ライトと、 弁護士ビリーを演じたジェイソン・ダニエリーと共に取材に応じた。 

 ――ブロードウェイでの初デビュー舞台を終えた感想は?
シャーロット「皆には、 大砲から打ち上げられた様にエキサイティングで、 何が起こるかわからないと言われました。 今は少し興奮が落ち着き、 疲れを感じています。 次の公演は月曜ですが、 そこからまた新たに積み重ねて成長していきたいです。 」

 ――緊張しましたか?
シャーロット「とても、 とても!開演前も本番中もです。 」

――朝、 ホテルから歩いてきたそうですね。 
シャーロット「あまり思い出せないけど、 歩きまわってました。 きちんと朝食を食べて、 良い言葉を読んで、 劇場に一人で歩いてきました。 」
ジェイソン(ビリー役)「緊張している様に見えなかった、 すごく度胸があるし、 落ち着いてパフォーマンスを行っているので、 真のプロだと思います。 」

 ――シャーロットの俳優としての魅力は?
アムラ(ヴェルマ役)「今までたくさんの人がロキシーを演じましたが、 彼女の出演は、 この作品に新鮮味を与えてくれています。 シャーロットは、 独自のスタイルを持っていて、 魅力的な芝居をする女優だと思います」
ジェイソン「この2~3週間に4人のロキシーと共演しましたが、 どの女優さんにも様々なバックグラウンドがあり、 個性的でした。 シャーロットが4人目のロキシーですが、 彼女の魅力は、 歌もダンスもできるところ。 度胸もあるし、 演技のリズムも良いので演じやすかったです」

――自分の今日の演技に点数を付けると?
シャーロット「わ~、 そんなことできません! まだまだこれからも上手くなりたいし、 向上心をもって務めていきたい。 今日は、 その第一歩です」
ジェイソン「向上心は、 彼女の魅力のひとつ。 常に自分を伸ばして行こうとする姿勢がみられる。 "このショーに出られたら、 ここでアガリ"と決めてしまう人もいるけど、 シャーロットはそういうところがなく、 常に頑張っています。 日本公演でもブロードウェイでの経験が役に立つと思います」
アムラ「シカゴの魅力は、 19年間という長い期間続いていること。 シャーロットがロキシーを演じることで、 彼女自身も成長できると思います」

photos:(c)Masahiro Noguchi

photos:(c)Masahiro Noguchi

――公演が決まったとき、 お母さんに見せたいといっていましたが?
シャーロット「終演後に会ったら、 母が泣いちゃいました。 信じられないみたいだけど、 心から誇りに思ってくれています。 今日両親をはじめ55名の応援団が来てくれました。 」

――ミュージカル『シカゴ』の魅力は?
アムラ「シカゴは、 来年で20周年を迎える世界的な作品。 普通の人が共感できる点があるし、 さまざまなダンスが見られるところが魅力だと思います」
ジェイソン「それに加えて、 セクシーな要素も魅力的です」
アムラ「また、 セットに頼らず、 俳優のパフォーマンス、 ミュージシャンの奏でる生の音楽の生み出すパワーも、 演じていて怖いと感じることもあるけど、 おもしろい点です」

――12月には日本公演も行われますね。 
シャーロット「この作品、 パフォーマンスを日本の皆さんにも見てほしいです。 良いパートナーたちと、 日本公演で経験を積んでいきたい。 心から楽しみにしています!」

――日本のファンへメッセージをお願いします。 
シャーロット「日本のみなさん、 お久しぶりです。 できた!(笑)。 今、 とても感動しています。 この作品を一緒に楽しんでください、 すぐ日本に戻ります」

 なお、シャーロット・ケイト・フォックスは、 ブロードウェイ公演に11月15日(月)まで出演した後、 12月4日(金)から来日公演(東京・大阪)を行う。 本場の板を踏んだ彼女の雄姿を生で拝める日は、いよいよ間近に迫っている。

公演情報

ブロードウェイ ミュージカル『CHICAGO
※生演奏、英語上演、日本語字幕あり

<東京公演>
■期間:2015/12/4(金)~2015/12/23(水・祝) ※12/4(金)14:00・12/15(火)14:00追加公演。
■会場:東急シアターオーブ 

<大阪公演>
■期間:2015/12/26(土)~2015/12/27(日)
■会場:梅田芸術劇場メインホール

■作詞:フレッド・エッブ
作曲:ジョン・カンダー
脚本:フレッド・エッブ&ボブ・フォッシー 
初演版演出・振付:ボブ・フォッシー 
オリジナル・ニューヨーク・プロダクション演出:ウォルター・ボビー 
オリジナル・ニューヨーク・プロダクション振付:アン・ラインキング
■公式サイト:http://chicagothemusical.jp/​

■出演:
シャーロット・ケイト・フォックス(ロキシー・ハート)
アムラ=フェイ・ライト(ヴェルマ・ケリー)
トム・ヒューイット(ビリー・フリン) ほか アメリカ・カンパニー
※【シカゴSPマチネ出演( 12/17(木)~12/23(水・祝)昼公演)】
シャーロット・ケイト・フォックス(ロキシー・ハート)
湖月わたる(ヴェルマ・ケリー)
大澄賢也(フレッド・ケイスリー) ほか アメリカ・カンパニー
シカゴSPマチネでのアムラ=フェイ・ライトの出演はございません。
※やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合がございます。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更及び払い戻しはいたしません。

■備考
◆12/4(金)14:00 [追加公演]来場者プレゼント(シャーロット・ケイト・フォックス出演のブロードウェイ公演にて配布されるプレイビル<劇場で配布される実際のプログラム>を当日来場者全員にプレゼント)
◆12/4(金)19:00 スペシャル・オープニング・ナイト・カーテンコール
◆12/13(日)18:00 アフタートーク(シャーロット・ケイト・フォックス、アムラ=フェイ・ライト◆12/15(火)14:00 [追加公演]来場者プレゼントシャーロット・ケイト・フォックス出演のブロードウェイ公演にて配布されるプレイビル<劇場で配布される実際のプログラム>を当日来場者全員にプレゼント)/アフタートーク(シャーロット・ケイト・フォックス、アムラ=フェイ・ライト) 
◆12/18(金)14:00 アフタートーク(シャーロット・ケイト・フォックス、湖月わたる、大澄賢也) 
◆12/20(日)18:00 アフタートーク(シャーロット・ケイト・フォックス、アムラ=フェイ・ライト、湖月わたる、大澄賢也) 

シェア / 保存先を選択