倉木麻衣、大阪駅構内でサプライズライブ

大阪ステーションシティでライブを行う倉木麻衣(中央)。

大阪ステーションシティでライブを行う倉木麻衣(中央)。

昨日11月1日に大阪・大阪ステーションシティにてJR西日本によるライブイベント「あしたセレンディピティLIVE」が開催。このイベントに倉木麻衣がサプライズゲストとして出演した。

現在JR西日本は山陽新幹線の全線開業40周年を記念したブランディングプロモーション「あしたセレンディピティ」を展開中。倉木はこの企画のCMテーマソング「Serendipity」を歌っている。

この日のライブにはダンサーの黄帝心仙人と、アニメーションダンスユニットのタイムマシーンが出演。「新幹線でのセレンディピティな旅」をテーマにしたパフォーマンスを展開した。新幹線の車内をイメージした映像とダンスが展開される中、車掌が現れ乗客たちが席に着いていく。その1人として倉木が登場し、中央の座席に腰を下ろすとオーディエンスからは大きなどよめきが起こった。

その後倉木はテーマソングの「Serendipity」を観客たちの前で披露。曲が終わると「黄帝心仙人さんとのコラボレーションは楽しみにしていたのですが、思った以上にクリエイティブでアーティスティックでそしてメッセージ性がある振り付けで、とっても感動しました」と、コラボレーションの感想を語った。

さらに倉木は「Love, Day After Tomorrow」「always」といった代表曲も歌い、観客を盛り上げる。ライブ後のトークでは、黄帝心仙人が「Serendipity」のサビの振り付けを観客にレクチャー。倉木は「あしたセレンディピティ」キャンペーンコラボカフェのメニューを前日に試食したことを明かし「どれもとっても美味しくて驚きました」と感想を語った。

さらに「最近あったセレンディピティは?」と尋ねられると、2010年に彼女が開催したハロウィンライブに登場したピエロの振り付けを黄帝心仙人が手がけていたというエピソードを披露し、オーディエンスを沸かせた。最後には黄帝心仙人の振り付けレクチャーを受けて、倉木が再び「Serendipity」を熱唱。大きな盛り上がりのうちにイベントが終了した。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択