レキシの名曲で綴る、愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』の追加公演が決定 アフロ姿の4人の新ビジュアル公開&使用楽曲も一部発表

ニュース
舞台
2019.1.23

2019年3月10日(日)~24日(日)に東京・TBS赤坂ACTシアターにて、3月30日(土)~31 日(日)に大阪・オリックス劇場にて愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』が上演される。この度、好評につき、追加公演の上演が決定した。また、新たなメインビジュアル、公式サイトのリニューアルオープン、そして使用楽曲も一部発表された。

本公演は、「きらきら武士」や「狩りから稲作へ」など、ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、ユーモアあふれるステージングで話題を呼ぶアーティスト・レキシの楽曲をもとに、河原雅彦が原案・演出、上演台本を手掛ける新作ミュージカルだ。

「実現させない限り死ねない」企画のうちの筆頭がレキシアターだったと語る河原は、レキシに携わるアーティストのみが授けられる名前・レキシネームを授かり、今作においては、たいらのまさピコの名で活動している。河原はレキシへの熱い愛と遊び心をふんだんに、演劇界の奇才と称される手腕をいかんなくふるい、これまでにないステージをつくり出してくれるだろう。

また、振付はダンス×演劇×J-POP をミックスさせる梅棒。出演は、山本耕史松岡茉優佐藤流司高田聖子井上小百合(乃木坂 46)、お侍ちゃん浦嶋りんこ山本亨、さらには藤井隆八嶋智人といった、華と実力を備えた個性豊かな出演者が集結している。なお、レキシ(池田貴史)本人の出演はないので悪しからず。

そして、劇中に登場する楽曲が一部解禁となった。待望の使用曲は「狩りから稲作へ」「きらきら武士」「姫君Shake!」「SHIKIBU」「最後の将軍」「墾田永年私財法」「そうだレキシーランド行こう」 …and more という、レキシファンにはおなじみの人気曲ばかりとなっている。
キャラクタービジュアルや、コメント動画も解禁され、全貌が徐々に明らかになりはじめた本作。いったいどんな公演になるのか期待が高まるばかりだ。

なお、本作の追加公演の先行受付は、2月23日(土)10:00~受付開始なので、忘れずにチェックしておこう。

公演情報

愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』

【東京公演】
■会場:TBS赤坂ACTシアター
■日程:2019年3月10日(日)~24日(日)
■主催:TBS BS-TBS キョードー東京 イープラス ディスクガレージ
■問合せ:キョードー東京 0570-550-799
■チケット料金:S席 11,500円 A席 9,000円(未就学児の入場不可)
 
【大阪公演】
■会場:オリックス劇場
■日程:2019年3月30日(土)~31日(日)
■主催:サンライズプロモーション大阪
■問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888
■チケット料金:S席 11,500円 A席 9,000円(未就学児の入場不可)
 
【追加公演】
<東京> 3月21日(木・祝) 18:30
<大阪> 3月30日(土) 13:00
追加公演チケット  2月23日(土)10:00~ 一般販売開始
 
■出演:
山本耕史/松岡茉優 佐藤流司 高田聖子 井上小百合(乃木坂46)
お侍ちゃん 浦嶋りんこ 山本亨 藤井隆/八嶋智人
梅澤裕介 遠山晶司 楢木和也 野田裕貴/
巽徳子 YOU 碓井菜央 佐久間夕貴 五十嵐結也 永井直也/カイル・カード サラ・マクドナルド
 
■原案・演出:たいらのまさピコ(河原雅彦)
■上演台本:たいらのまさピコ(河原雅彦)・大堀光威
■音楽:レキシ
■音楽監督:ヒロ出島(山口寛雄)
■振付:梅棒
 
■公式サイト:http://www.rekitheater.jp
シェア / 保存先を選択