欅坂46・平手友梨奈、人生初のゴスロリ衣装着用をみずから提案していた 映画『響 –HIBIKI-』舞台裏がコメンタリーで明らかに 

ニュース
動画
映画
2019.2.22
 (C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

画像を全て表示(2件)

3月6日(水)にBlu-ray&DVDが発売される映画『響 -HIBIKI-』から、欅坂46平手友梨奈らによるコメンタリー映像の一部が公開された。

『響 -HIBIKI-』は、2017年のマンガ大賞で大賞を受賞した、柳本光晴氏によるコミック『響 〜小説家になる方法〜』の実写映画化作品。類稀な才能を持つ”天才”女子高生小説家・鮎喰響が巻き起こす波乱を通し、響と周囲の人々の変化と成長を描いた物語だ。主人公の鮎喰響を演じた平手友梨奈欅坂46)は、本作で映画初出演にして初主演を飾り、第 42回日本アカデミー賞をはじめ、数々の映画賞で新人賞を受賞している。


公開されたコメンタリー映像では、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督が撮影中のエピソードや製作までの秘話を明かしている。進行を務める月川監督は、体育の授業シーンに言及。「この日に平手さんと50メートルくらいの競争をした」と、明かすと、平手も「かけっこしましたね(笑)」と笑顔で応じるなど、三人は和やかな雰囲気の中で撮影当時を振り返る。

(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

また、平手が人生で初めて挑戦したという、ゴスロリ衣裳着用シーンの裏側も明らかに。当初の脚本には、ゴスロリ衣装を着るくだりはなかったもの、原作で響が着ていたことから、平手自身が「着たい」と要望したという。月川監督は、「響と凛夏(アヤカ・ウィルソン)がふたりでこの日どんな風に遊んでいたのかがわかるシーンがなかったから、確かに1シーンあった方がいいかなというのもあった」と解説。アヤカも、平手のゴスロリを「すごい似合ってた!」と絶賛している。

そのほか、三人は平手演じる響と北川景子演じる編集者・花井ふみが取っ組み合いになるアクションシーンについてもコメント。月川監督は撮影後に北川からもらった、平手についてのメール内容も明かしている。

リリース情報

Blu-ray&DVD『響 -HIBIKI-』
2019年3月6日(水) Blu-ray&DVD発売、レンタル同時開始
Blu-ray豪華版:7,800円+税
DVD豪華版:6,800円+税
DVD通常版3,800円+税
発売元:小学館/販売元:東宝
(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館
 
シェア / 保存先を選択