凛として時雨が『舞台 PSYCHO-PASS』主題歌書き下ろし!大千秋楽にライブビューイング全国62箇所で開催

ニュース
音楽
舞台
アニメ/ゲーム
2019.4.1

画像を全て表示(2件)

凛として時雨が、『舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』主題歌を担当することが発表された。

凛として時雨は、フジテレビ“ノイタミナ”アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』オープニングテーマ「abnormalize」、アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 2』オープニングテーマ「Enigmatic Feeling」、さらに劇場版主題歌として「Who What Who What」も担当するなど、同シリーズに欠かせない存在になっている。

そして今回、新たに舞台用に書き下ろされた楽曲のタイトルは「laser beamer」。また「laser beamer」は4/18にダウンロードのみで配信リリース予定とのこと。その世界観が垣間見える舞台CM映像も、舞台公式HP(https://psycho-pass-stage.com/)にて、公開となっている。また凛として時雨のTKからのコメントも届いている。
 

<TK (凛として時雨)コメント>
「PSYCHO-PASS サイコパス」初の舞台化おめでとうございます。立ち上げ当初から多くのシリーズに関わらせて
頂いていますが、本広監督との打ち合わせの中で、
「今まで誰も見たことがない様な舞台にしたい」という
新たな進化を極限まで求めた熱意にこちらも全力で
応えさせていただきました。
より舞台を彩り、壊せるような音楽として共演させて
頂きます。本広監督、今回の事件は舞台で起こりますね。


さらに『舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』大千秋楽である、5月6日(月・祝)大阪・森ノ宮ピロティホール公演のライブビューイングがも同時に発表された。全国62箇所の映画館にて、「舞台 PSYCHO-PASS サイコパス」の世界を、生中継で楽しめる。ライブビューイングのチケットは4月1日から発売になる。

アニメ第3期も2019年秋にTV放送予定と盛り上がる『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ。舞台での展開にも注目しておきたい。

公演情報

『舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』

■本公演日:
<東京> 2019年4月18日(木)〜4月30日(火・祝) @日本青年館ホール
<大阪> 2019年5月3日(金・祝)~5月6日(月・祝)@森ノ宮ピロティホール 
■チケット価格:
8,800円(税込・全席指定)
■演出:
本広克行(映画「踊る大捜査線」シリーズ、「幕が上がる」他)
■脚本:
深見真(アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ、「バイオハザード:ヴェンデッタ」他)
■ストーリー監修:
Production I.G
■音楽:
菅野祐悟
■キャスト:
鈴木拡樹 ・ 和田琢磨 中村靖日 多和田任益 小澤雄太 町井祥真 ・ 池田純矢 高橋光臣 山崎銀之丞
■制作:
ソニー・ミュージックエンタテインメント、ポリゴンマジック
■主催:
舞台「サイコパス」製作委員会
■公式サイト:
https://psycho-pass-stage.com/
■公式Twitter:
@PSYCHOPASSstage 
 (C)サイコパス製作委員会(C)舞台「サイコパス」製作委員会

ライブビューイング

『舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』ライブビューイング

<日時>
2019年5月6日(月・祝)17:00開演
<会場>
全国62箇所の映画館
詳細は、http://www.toho.co.jp/theater/ve/psycho-pass-stage/をご覧下さい。 
<チケット料金>
3,600円(全席指定/税込)
※映画館により、特別シートなど追加料金が発生する場合がございます。 
シェア / 保存先を選択