打首獄門同好会、Zepp Tokyoワンマン実施&自作米「獄ひかり」販売決定

打首獄門同好会

打首獄門同好会

打首獄門同好会が2016年2月20日に東京・Zepp Tokyoでワンマンライブを実施する。

このライブは明日11月18日発売の新作ミニアルバム「まだまだ新米」リリースツアーの最終公演として実施されるもので、バンドにとって4度目の単独公演。イープラスでは本日11月17日から12月9日までチケットの先行販売が行われる。この先行チケットの購入者はプレゼント応募券を入手でき、メンバーの私物やレアグッズが当たる抽選に参加できる。プレゼントにはメンバーが高校時代に買ったアコースティックギター、過去に使用したステージ衣装なども放出される予定だ。

さらに打首獄門同好会は本日より、1kg袋に梱包した自作の米「獄ひかり」を200パッケージ限定で販売する。これはYouTubeでの配信番組「10獄放送局」で彼らが行っていた稲作によって生まれたもので、魚沼産コシヒカリの中でも0.3%しか取れないという新潟県認証の特別栽培米となる。注文方法はバンドのオフィシャルサイトをチェックしよう。なお購入希望者多数の場合は抽選販売となる。

打首獄門同好会ワンマンライブ

2016年2月20日(土)東京都 Zepp Tokyo

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択