善雄善雄が主宰するザ・プレイボーイズ、約4年半ぶりの復活公演『間男の間』を上演

ニュース
舞台
2019.7.22
(左上段より)板倉武志、おなか☆すいたろう、十河大地(左下段より)村田和明、善積元、善雄善雄)

(左上段より)板倉武志、おなか☆すいたろう、十河大地(左下段より)村田和明、善積元、善雄善雄)

画像を全て表示(7件)


2005年、大学在学中に堀善雄(現・善雄善雄(よしお・ぜんゆう))が旗揚げし、10周年の節目となる2015年春に最終公演を行ったザ・プレイボーイズが2019年秋、約4年半ぶりに新作公演『間男の間』を2019年9月5日(木)~9月10日(火)ステージカフェ 下北沢亭にて上演する。

善雄はザ・プレイボーイズ解散後、劇団ゴジゲンに所属し俳優として活躍。また、ゴジゲン番外編『なんかすごいSF的なやつ』では脚本を務め、人間の意識によって変化する性質を持つ素粒子をテーマに、自分の過去と対峙することで生まれる人間ドラマを描き、今年3月には舞台『ダークマスターTOYAMA2019』に主演もしている。読む人を惹きつける文章に定評があり、現在、永遠のオトナ童貞のための文科系マガジン“チェリー”にてコラム「卒業をさせておくれよ」を連載中だ。

そんな善雄が手掛ける新作公演は、“間男”をしていた男たちが予期せず集まってしまう会話劇。キャストには、ザ・プレイボーイズ最終公演にも出演していたおなか☆すいたろう、村田和明をはじめ、劇団献身やこちらスーパーうさぎ帝国など数々の劇団に客演として参加し、『1ページの恋』、『家政婦のミタゾノ』などのドラマにも出演経験のある板倉武志、舞台Stokes/Park『BRIDGE×WORD』などに出演のコメディを得意とする表現力豊かな十河大地、ジエン社の公演に参加し、ドラマ『うつヌケ』、『向かいのバズる家族』などにも出演の善積元が集結した。また、主宰・善雄善雄も出演する。

おなか☆すいたろう

おなか☆すいたろう

村田和明

村田和明

板倉武志

板倉武志

十河大地

十河大地

善積元

善積元

本公演はアフタートークも開催され、ゲストには9月5日(木)にゴジゲン主宰の松居大悟と劇団献身主宰の奥村徹也、9月6日(金)に作家の爪切男と結城企画主宰で俳優の結城洋平が登壇することも決定した。イープラスでは、チケットの先着先行が7月23日(火)19:00~7月26日(金)18:00まで、一般発売は7月27日(土)より行われる。

【『間男の間』あらすじ】
ピンポーン。
「やばい、帰ってきた…隠れて!」
女にそう言われて飛び込んだドアの先。
気付けば周りには、何人かの見知らぬ男。
そこは、決して出ること叶わぬ不思議な空間。閉じ込められた意味もわからず、ひたすらに過ぎて行く時間。
浮かび上がった男たちの共通点は、“ここに来る前に間男をしていた”ということのみ。
無限と永遠の只中で、男たちはへらへらと語り合う。
ここは間男の間。
向き合うことから逃げて来た、人間達の吹き溜まり。

 

作・演出:善雄善雄 コメント

善雄善雄

善雄善雄

2015年春に最終公演を執り行ったザ・プレイボーイズですが、恥ずかしながらまたやります。もう二度とやらないという意味で「最終」とつけたのに、これはもはや詐欺ではないのか。最後だからと気にかけていただいた方々になんとお詫びすればいいのか。コンプライアンスに怯えるばかりの毎日です。
ぼろぼろになるまで向き合った劇団を終わらせた29歳のあのとき、「30代は無理せず流されて生きよう」と決め、本当に流されたらこうなってしまいました。他にもゴジゲンの劇団員になったり名前が変わったり、人生は予測不能の激流です。
それでも、今回もすごく素敵な人達と一緒に作品を作れることを、とても嬉しく思います。
これから行く先、見届けていただけたなら幸いです。

推薦 コメント

■ふじきみつ彦(脚本家・劇作家)

ザ・プレイボーイズ、復活するの!? 4年半前、解散するっていうから上野まで観に行ったのに…、どういうことだよ〜。その解散公演は面白かったからまた観られるのはほんの少しだけ嬉しいんだけど。今度はちゃんと解散しろよ!

■タニノクロウ(庭劇団ペニノ)

善雄善雄くんは、用心深くて、繊細で、ウジウジっとしている。と思ったら大胆不敵で、いい加減。この極端な揺れ動きの大きさは外見からなかなか掴めないから厄介だ。何をするのかわからない危うさ、危なさがあって、でもそんな人に演劇を作って欲しいと思う。何をやらかしてくれるのか、いまから楽しみで仕方がない。 

<ザ・プレイボーイズとは>
2005年、主宰である堀善雄(現・善雄善雄)が、桜美林大学在学中に「モテたい」という一心で旗揚げ。
『男にしかわからない(かもしれない)世界の、切なさとバカバカしさをあなたに』をテーマに、出演者は男性のみにこだわり、プレイボーイになりたいけれどなれない男たちが頑張るといった作品を発表してきた。
主宰の善雄が全作品の作・演出を手がけ、主にプロデュース形式で不定期ながらも公演を重ねてきたが、10周年の節目に当たる2015年春、最終公演を執り行う。
解散時には「復活するにしても向こう5年は絶対やりたくない」と豪語していたものの、わずか4年目の2019年秋、活動を再開する。

公演情報

ザ・プレイボーイズ『間男の間』
 
日程:2019年9月5日(木)~9月10日(火)
会場:ステージカフェ 下北沢亭

作・演出:善雄善雄
出演:板倉武志 おなか☆すいたろう 十河大地 村田和明 善積元 善雄善雄
 
※アフタートークあり
9月5日(木)19:30公演…松居大悟(ゴジゲン 主宰)・奥村徹也(劇団献身 主宰)
9月6日(金)19:30公演…爪切男(作家)・結城洋平(結城企画 主宰)
 
<イープラス チケット先着先行>
受付期間:2019年7月23日(火)19:00~2019年7月26日(金)18:00
申し込みは【こちら】から
 
一般発売:7月27日(土)~

HP:https://theplayboys2.web.fc2.com/
Twitter:@the_playboys2
シェア / 保存先を選択