SiMが“究極の愛情表現”届けた「DEAD POP FES」2DAYS完結

アンコールセッションの様子。(撮影:半田安政[showcase])

アンコールセッションの様子。(撮影:半田安政[showcase])

SiM主催のライブイベント「DEAD POP FESTiVAL 2015」が昨日7月11日と本日12日に神奈川・東扇島東公園 特設会場で開催された。この記事では2日目のトリを務めたSiMのライブの様子をレポートする。

ゆっくりとステージの明かりが落ち、SiMの名前がスピーカーから流れると「ウオー!」という歓声が沸き起こる。MAH(Vo)の「『DEAD POP FESTiVAL』2日間ありがとうございました! でも、まだ終わってねーぞー!」という絶叫とともに始まったのは、「Blah Blah Blah」。「叫べ!」「飛べ!」とMAHが煽れば、ステージ前には狂乱の渦が生み出される。そして「『DEAD POP FESTiVAL 2010』で初めて披露した曲をやらせてください」と「ANTHEM」を演奏。SHOW-HATE(G)をはじめメンバーはカメラに向かって時折視線を送り、遠くにいるオーディエンスに向けてもしっかりアピールしていた。

SIN(B)とGODRi(Dr)が生み出す低くうねるグルーヴの上で、めまぐるしく曲が展開していく「Fallen Idols」では、観客はヘッドバンギングやクラウドサーフ、モッシュなどでバンドの熱演に応える。MAHは「ありがとう! ありがとう! 本当にありがとう」と盛り上がるオーディエンスに感謝を述べ、「俺らが紹介するにはおこがましいくらいのレペゼン横浜を呼んでいいですか?」と先輩FIRE BALLをステージに呼び込んだ。ここで披露されたのはFIRE BALLとSiMのコラボ曲「Pump Up The Sound~太陽が昇るまで吠えろ~」。FIRE BALLとMAHによる太く情熱的なハーモニーが、SIN、GODRi、SHOW-HATEの奏でる爆音とともに夜空に激しく響きわたる。本編のラスト「f.a.i.t.h」では「『壁を壊せって』っていうのがこのイベントの合言葉です。壁を壊すために1回壁作ってくんない?」というMAHの言葉を受けて観客は2手に分かれ、SINの奏でる低音を口火に体を豪快にぶつけ合う。スクリーンには、その光景を前にしたMAHの笑顔が映し出された。

アンコールでは観客をバックにSiMの新アーティスト写真の撮影会が行われ、MAHも「意外にいいですね。楽しみにしていてください」と満足げ。続けて彼は「フェスの最後を締めくくるのに、ハッピーな感じで終わるべきかなと思ったんですが、俺ららしくこの曲をやろうと思いました」とバンドをやっている中でもっともつらかった時期に生まれた「Rum」を歌うことを宣言する。「この2日間、数えきれないくらいの愛をもらいました。その愛に応える方法を考えてたの。で、俺なりの究極の愛情表現って、大きいステージでスポットライトを浴びる中でカッコいいことを言うんじゃなくて、素直にみんなに向かって弱音を吐くことが愛情表現だと思って、自分の弱いところをさらけ出そうと思って選びました」「みんなのおかげで2日間無事駆け抜けることができました。本当にありがとうございます。カッコ悪いかもしれないけど、この曲を歌い続けることが、俺たちを愛してくれる人たちへの愛情表現だと思ってます」と述べ壮大なナンバーを堂々と歌い上げた。

「毎年1回神奈川でみんなで遊べる場を守っていきたいと心に決めました。これからも俺らと一緒に遊んでください」と口にしたMAHは、袖にいる競演者たちに「これからもみんなの肩借りていいですか? みんなの肩貸してください」と呼びかける。そして「みんなが一番聴きたい曲やるぜ!」という言葉からなだれ込んだのは、coldrainのMasato(Vo)を迎えての「KiLLiNG ME」。曲の途中で、HEY-SMITHの猪狩秀平(G, Vo)も加わり盟友同士のセッション大会へと化する。壮絶な盛り上がりの中でイベントはフィナーレを迎えたかのように思えたが、MAHの「もう1枚写真を撮っていいですか?」という声で、競演者やメンバーの家族を交えての記念撮影会が行われることに。ハートフルな一幕をもって2日間の「DEAD POP FESTiVAL 2015」は完結した。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択