凛として時雨、パシフィコ横浜で2015年の集大成的ライブを展開

レポート
2015.11.21
凛として時雨(撮影:河本悠貴)

凛として時雨(撮影:河本悠貴)

凛として時雨が昨日11月20日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにてワンマンライブ「凛として時雨 Tour 2015 FINAL Hyper S.O.S.」を開催した。

このライブは彼らにとって今年最後の単独公演。携帯電話の着信音やノイズが特徴的なオープニングSEが流れる中で登場したメンバーは「鮮やかな殺人」からライブをスタートさせた。現在の彼らが奏でるバンドの初期曲はホール会場ならではの残響とあいまって新鮮な衝撃を観客に与える。またゴシック風の布を配したステージセットと緩急の効いたライティングで楽曲の世界観を際立たせる演出が用意される中、最新ミニアルバム「es or s」の収録曲「SOSOS」「Karma Siren」が立て続けに演奏されると、息を呑むようにパフォーマンスを見入っていた観客から演奏が終わるたびに大きな拍手が送られた。その後アッパーチューン「DISCO FLIGHT」が投下されたあたりから観客は手を突き上げるなど徐々にテンションを表に出し始める。そしてメンバーはシングルリリースされた「Enigmatic Feeling」に続けて、同曲のカップリングナンバー「Dynamite Nonsense」を披露した。

その後、機材トラブルに見舞われるもピエール中野(Dr)がMCで会場を盛り上げ、トラブルが解消されたあと、「Mirror Frustration」がまばゆいミラーボールの光とともに届けられた。続けてバンドは345(Vo, B)の表現力とテクニックが光った「I was music」「Metamorphose」や、中野の強弱の効いたスネアや、TK(Vo, G)のハイトーン、ロングトーン、地声に近いキー、絶叫が凝縮されたミディアムチューン「夕景の記憶」を演奏。その後、時雨のライブではおなじみとなっている中野のMCとドラムソロを経て、3人は「abnormalize」「Telecastic fake show」「nakano kill you」というアグレッシブなナンバーを連投する怒涛のライブを展開していく。そして最後に「傍観」をプレイし、スリリングな演奏で観客を魅了した3人。TKはフィードバックノイズを残したままギターをふわりと放り、頭上で拍手をしてステージを去っていった。

今年1月に初のベストアルバム「Best of Tornado」を、9月にミニアルバムをリリースし、2度にわたる全国ツアーを行った凛として時雨。ここ数年の中でもっとも豊かな変化を見せた2015年を象徴するかのようなエモーショナルなライブで今年最後の単独公演を締めくくった。

凛として時雨 Tour 2015 FINAL Hyper S.O.S.
2015年11月20日 パシフィコ横浜 国立大ホール セットリスト

01. 鮮やかな殺人
02. SOSOS
03. Karma Siren
04. DISCO FLIGHT
05. Enigmatic Feeling
06. Dynamite Nonsense
07. Tornado Mystery
08. Mirror Frustration
09. Who What Who What
10. I was music
11. Metamorphose
12. a 7days wonder
13. 夕景の記憶
14. abnormalize
15. Telecastic fake show
16. nakano kill you
17. 傍観

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択