『マジック:ザ・ギャザリング』の「グランプリ・神戸2015」にて2,572人のプレイヤーが集結・対戦し、その頂点が決定!

SPICER

画像を全て表示(5件)

『マジック:ザ・ギャザリング』2,572人の頂点が決定!

2015年11月20日(金)~22日(日)にトレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』の大型イベント『グランプリ・神戸2015』が神戸国際展示場(兵庫県神戸市)にて開催された。
2,572名のプレイヤーが参加したメインイベントでは国内外から2,572人の選手が集結し、2日間に渉る激戦を勝ち抜いた諸藤 拓馬選手が優勝、賞金4,000米ドルを獲得した。

諸藤 拓馬選手

諸藤 拓馬選手


『マジック:ザ・ギャザリング』は1993年にアメリカで発売された世界初のトレーディングカードゲームだ。数学者のリチャード・ガーフィールドによって生み出され、現在では11の言語で翻訳、全世界で70以上の国と地域で2千万人を超えるファンとプレイヤーを魅了している、。入手したカードでデッキを構築し、強大なクリーチャーを召喚したり、強力な呪文を唱えながら対戦相手のライフを0点にすることがゲームに勝利する条件となる。この「グランプリ・神戸2015」の他に各国の代表選手がチーム戦を繰り広げる「ワールド・マジック・カップ」など世界規模の大会が数多く開催されている。この「グランプリ・神戸2015」をはじめ「グランプリ」と名が付く大会は世界中で1シーズンに40~50回開催されており、上位に入賞することで賞金のみならず、世界中のトッププレイヤーが集う世界大会「プロツアー」への招待を獲得することができる。21日(土)には9回戦が行われ、7勝2敗以上の成績を残した293名が日曜日の競技に進出。最終日となる22日(日)には6回戦が行われ、優勝をかけて戦う8人に絞りこまれた。多くのデッキがひしめくなか、決勝戦まで進出したのは、日本選手権優勝の経験もある諸藤 拓馬選手と、マレーシアの強豪、ジョー・ソー選手だった。

諸藤 拓馬選手(右)ジョー・ソー選手(左)

諸藤 拓馬選手(右)ジョー・ソー選手(左)

激闘の末、戦いを制したのは諸藤 拓馬選手。賞金4,000米ドルと、自身初となるグランプリ・チャンピオンのタイトルを獲得した。そして招待条件を満たした両選手を含む上位9名の選手に、アメリカ・アトランタで開催予定のプロツアー『ゲートウォッチの誓い』の参加権利が与えられた。

同会場では22日(日)に「マジック:ザ・ギャザリング コスプレコレクション」が開催、コスプレイヤーの参加者がマジックのキャラクターのコスプレを披露し会場を賑わせた。

その他『グランプリ・神戸2015』の様子は公式サイトにも掲載されているので気になる人はぜひそちらをチェックしていただきたい。『マジック:ザ・ギャザリング』のカードセットは毎年更新されるなどゲーム環境が変化するので、プレイヤーを飽きさせない工夫がなされている、レポートを読んで気になった人はゲームに挑戦してみよう。

 
イベント情報
『グランプリ・神戸2015』

 日時:2015年11月20日(金)~22日(日)
 会場:神戸国際展示場(兵庫県神戸市)
 
シェア / 保存先を選択