声優・宮野真守が新宿駅前に降臨!「名前だけでも覚えて帰ってください!」


劇場アニメ『亜人 -衝動-』の公開を記念した「新宿亜人一斉捜索」イベントが11月27日に新宿東口ステーションスクエアで開催され、主人公の声を務める宮野真守が登場。会場から黄色い歓声が沸き上がった。

本作は、累計発行部数400万部突破する大ヒットコミックを3部作としてアニメ映画化するプロジェクトの第1弾。決して死なない新人類・亜人と認定され、全人類から狙われることになった高校生の逃亡劇を描く。この日は、新宿ステーションスクエアにて亜人管理委員会の臨時捜査本部を設置。新宿を徘徊していた、黒い幽霊のキャラクター「IBM」の撮影に成功した人の数が一定数に達した場合、主人公・永井圭が現れることになっていた。

司会から、たくさんの「IBM」の写真が捜査本部に持ち込まれたことが告げられ、永井圭役の宮野真守が無事に登場すると、会場からは「キャー」と歓声が上がった。宮野は「こんなにたくさんの人が集まってくれているとは!」と観客を見渡し大喜び。イベントのことを知らぬまま駅前を往来する人々も多く、「宮野真守です!亜人です!名前だけでも覚えて帰ってください!」と挨拶するなど、大いに新宿駅前を盛り上げていた。

初日を迎えたが、昨夜は「ぐっすり眠れた」という宮野。「自分で出ている作品にも関わらず、ものすごく感動してしまった」と完成作の出来栄えに目を輝かせながら、「やっと観てらえるという瞬間。うれしくてうれしくて。早く皆さんに観ていただいて、感想を知りたいという気持ちでいっぱい」と今の心境を明かしていた。

「死ねない」という特殊な役柄を演じたが、その辛さから「病みました」と告白した宮野。「死ねないってこんなに辛いのかと思った。苦しかったですが、その分、魂の演技ができたんじゃないかと思います」と胸を張り、「今までにない衝撃を味わえる作品」と力強くアピールしていた。【取材・文/成田おり枝】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択