電子顕微鏡越しに見る極彩色の神経細胞をアート作品に『吉岡さとる&ヘルミナ・ネデレスク the universe of the brain』開催

SPICER
「我々の中に、宇宙が存在するのか?」2013年

「我々の中に、宇宙が存在するのか?」2013年

画像を全て表示(3件)


2015 年12月5日(土)~12月27日(日)の期間、「何故、我々は存在するのか?」という人類の存在意義を問い、普遍的テーマに立ち向かう写真家・吉岡さとるとヘルミナによる展覧会『吉岡さとる&ヘルミナ・ネデレスク the universe of the brain』を開催する。

吉岡は、以前より各地で高エネルギー物理学研究所(加速器施設)の撮影を行っており、宇宙や生命の誕生に非常に強い関心を寄せ、2013年より沖縄科学技術大学院大学(OIST)神経科学研究ユニット協力のもと、脳神経学者ヘルミナ・ネデレスク氏と協同で、電子顕微鏡で得られた実験用マウスの脳内データの撮影を始めた。

本展では、ヘルミナ・ネデレスク氏の協力のもと撮影することの出来た脳神経の写真や映像の新作に加え、世界各国の加速器施設を撮影したこれまでの作品を展示。ただ科学技術の発達を賛美するものでもなく、マシンそのものの美しさを誇示するものでもない、「何故、我々は存在するのか?」という人類普遍ともいえるテーマに立ち向かい、現れた美を写真家の視点で切り取っている。

電子顕微鏡越しに見る極彩色の神経細胞をアート作品を、ぜひ堪能してみてほしい。
 

イベント情報
吉岡さとる&ヘルミナ・ネデレスク   the universe of the brain

日時:2015 年12月5日(土)~12月27日(日)
11:00~19:00 月曜休廊 ※12月27日(日)のみ17:00まで
会場:gallery COEXIST-TOKYO
URL:http://coexist-tokyo.com/yoshioka/
オープニングイベント 「CLUB Roentgen」

日時:2015 年12 月5 日(土)~ 12 月2日(日)
11:00~19:00 月曜休廊 ※12 月27 日(日)のみ17:00まで
出演者 :吉岡さとる、ヘルミナ・ネデレスク、DJ親方(池内務)、DJ Lihito
入場料 :500円 (1ドリンク+料理家Makoのパーティーフード付) 
         ※ 高校生以下無料
シェア / 保存先を選択