アデル チャートイン5週目の「ハロー」が遂に洋楽チャート1位に、コールドプレイはTOP3圏内に浮上

 世界中のチャートを席巻中のアデル「ハロー」が、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”で初の1位に輝いた。

 8週に渡り首位を独占してきたジャスティン・ビーバー「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」と僅差ではあるが、今週見事1位を手にしたアデル。世界中で驚異的な新記録を次々と叩きだしていることからも明らかだが、洋楽勢では断トツのデジタル・セールスを誇り、“Hot Albums”チャートでも数々の大型リリースの中TOP5圏内を依然とキープしている。

 ところが、来週はジャスティンが1位に返り咲く可能性が高い。というのも、ジャスティンは今週末プロモーション来日を控えているからだ。『ミュージックステーション』でこの曲を披露することも予定されており、下降気味のエアプレイも来日効果により上昇することが予想され、好調のデジタル・セールスやツイートもさらにポイントを伸ばすことは明らかだ。続くコールドプレイの「アドヴェンチャー・オブ・ア・ライフタイム」は、エアプレイ・チャートでTOP3圏内にランクインしたことを受け、今週3位へ大ジャンプアップ。数日前には、同曲のMVが公開されたこともあり、来週も好記録を叩きだすことは確実だろう。

 TOP10圏内の初登場曲は、15位のエンヤ「エコーズ・イン・レイン」と20位のメーガン・トレイナー「ベター・ホエン・アイム・ダンシン」の2曲。そしてクリスマス・シーズンが近づく中、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が早くも13位にランクインしているのにも注目だ。

 

Billboard Japan
シェア / 保存先を選択