「お前は一生MY FIRST STORY」Shoライブ休止前ラストワンマン大団円

MY FIRST STORY「WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!」の模様。(Photo by Kohei Suzuki)

MY FIRST STORY「WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!」の模様。(Photo by Kohei Suzuki)

MY FIRST STORYが12月2日に東京・TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブ「WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!」を実施した。

この公演は12月いっぱいでライブ活動を休止するSho(G)にとって最後のワンマン。ステージ前のスクリーンでShoをフィーチャーしたオープニング映像が上映されたのち、バンドは「ALONE」でライブをスタートさせた。Hiro(Vo)は、ダイブやサークルモッシュを行うオーディエンスに向かって「120%でかかってこい!」と刺激し、会場を興奮状態に。そしてShoの「この曲は今日しかやらない!」という宣言のあとで「EXPERIENCE」が披露されると、フロアからはひときわ大きな歓声が上がった。

アグレッシブなナンバーを畳みかけた序盤を経て、彼らはアコースティックセットで「Still」をプレイ。演奏前にShoは「改めまして、MY FIRST STORYです」と挨拶し、声援を送る満員の聴衆に「(このワンマンは)俺の中ではツアーの延長くらいで考えたけど、(休止の)発表後から大きいことなんだなって実感した」と話す。そして「俺は何かを努力して結果につなげたのはマイファスが最初だったから、途中でストップするのは悔しい。でも俺は曲を作るつもりだし、後ろから全力でサポートしていく。脱退するわけじゃない。メンバーとは違う分かれ道を進むけど、また努力して一本道に戻る。そういうのを目指して来年からやっていきます」と気持ちを明かし、ファンから温かい拍手を浴びた。

ライブ後半では再びハードなナンバーが次々と披露されていった。「monologue」ではステージの両端に置かれた台にShoとHiroがそれぞれ立ってオーディエンスを煽ったり、ギタリスト2人が一緒にジャンプしたりと息のあったパフォーマンスで沸かせていく。そして「失踪FLAME」ではミラーボールの光を浴びながらメンバーとオーディエンスが一体となって合唱。本編のラストに届けられた「不可逆リプレイス」では、レーザー光線やフラッシュライトで演奏が彩られた。さらにHiroが「Sho、今までいろんなことがあって、いろんなことを乗り越えてきたよな。いつも俺を支えてくれて本当にありがとう。お前は一生MY FIRST STORYだからさ、好きなときに戻ってこいよ。最高の場所を用意して待ってるからさ! 俺ら4人で武道館目指してがんばっていくから!」と話す。そして再びフロアのほうを向き「お前らも一緒に協力してくれよ!」と呼びかけると、オーディエンスは合唱でそれに応えた。

アンコールではファンからのプレゼントとしてShoに寄せ書き付きの黒い布がプレゼントされ、彼はマントのように布を体に巻いて「すごいねこれ、ありがとう! (メッセージは)あとでゆっくり読みます。今日無事に帰れるかわからないけど(笑)」と喜んだ。そしてバンドは「Bullet Radio」をぶつけてオーディエンスを再び熱気に包み、Hiroの「“Sho-TIME”、もう一度最初から始めませんか!?」という呼びかけとともに再度「ALONE」をプレイ。Shoは自らのギターをNob(B)に預けて演奏を任せ、マイクを手にしてファンを煽ってからフロアにダイブ。休止前最後のワンマンをオーディエンスの頭上で締めくくった。

MY FIRST STORY「WE ARE NOT ALONE Sho-TIME!!」
2015年12月2日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. ALONE
02. The Story Is My Life
03. EXPERIENCE
04. 最終回STORY
05. FAKE
06. Zero Gravity
07. Black Rail
08. Still
09. 21 Miles
10. 「花」-0714-
11. monologue
12. 虚言NEUROSE
13. Gift
14. 失踪FLAME
15. Drive me
16. Someday
17. モノクロエフェクター
18. Second Limit
19. 不可逆リプレイス
<アンコール>
20. Bullet Radio
21. ALONE

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択