柳楽優弥×有村架純×三浦春馬さん、時代に翻弄される3人の青春を描く『映画 太陽の子』公開日&特報映像を解禁

ニュース
動画
映画
2021.4.14
 (C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

(C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

『映画 太陽の子』が8月6日(金)に公開されることが決定イオンエンターテイメントの配給により、2021年に全国公開されることが決定した。

『太陽の子』はNHKとELEVEN ARTS Studios(USA)による日米合作。原爆開発を背景に、時代に翻弄される若者たちの苦悩と青春を、事実を元に描いた作品で、NHK総合、NHK BS4K、NHK BS8Kで終戦記念日の2020年8月15日(土)に放送された。映画『太陽の子』は、テレビドラマ版とは異なった視点で、柳楽優弥演じる修、有村架純演じる世津、そして、三浦春馬さん演じる裕之という3人の若者それぞれの想いが交錯するドラマと共に、原爆開発の依頼を受けた修ら研究員の情熱と葛藤を描き出す。メガホンをとったのは、映画『セカンドバージン』やNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の黒崎博監督。音楽には、『愛を読む人』のニコ・ミューリー氏、サウンドディレクターに『アリー/スター誕生』のマット・ヴォウレス氏が参加。また、『ジョン・ウィック』など多数の映画で知られるピーター・ストーメアが声の出演で参加している。

 


解禁された特報映像は、修、世津、裕之、それぞれの表情を切り取ったもの。研究者として純粋に実験に没頭しながらも、国の運命を左右する極秘任務に向き合い苦悩の表情を浮かべる修、「戦争が終わったら仕事する、二人は考えないの?」と力強く話す世津、「俺だけ死なんわけにはいかん」と涙を見せる裕之、3者3様の思いを抱える姿が映し出されている。

『映画 太陽の子』は8月6日(金)より公開。

 

作品情報

『映画 太陽の子』
柳楽優弥 有村架純 三浦春馬
イッセー尾形 山本晋也 ピーター・ストーメア
三浦誠己 宇野祥平 尾上寛之
渡辺大知 葉山奨之 奥野瑛太 土居志央梨
國村隼 田中裕子
 
監督・脚本:黒崎博
音楽:ニコ・ミューリー
 
プロデューサー:コウ・モリ 土屋勝裕 浜野高宏 
エグゼクティブプロデューサー:井上義久 山口晋 佐野昇平 森田篤 松井智 有馬一昭 東原邦明 
共同プロデューサー:山岸秀樹 松平保久 淺見朋子 
ラインプロデューサー:小泉朋 撮影:相馬和典 照明:鈴木岳 録音:弦巻裕 美術:小川冨美夫 衣装:宮本茉莉 ヘアメイク:永江三千子 スクリプター:天池芳美 
助監督:柿田裕左 制作担当:篠宮隆浩 キャスティング:おおずさわこ 編集:大庭弘之 サウンドデザイン:マット・ヴォウレス カラリスト:アロン・ピーク
VFXスーパーバイザー:オダイッセイ
制作:KOMODO PRODUCTIONS  
宣伝:KICCORIT
配給:イオンエンターテイメント
製作:「太陽の子」フィルムパートナーズ
Presented by ELEVEN ARTS STUDIOS / NHK
(C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ
シェア / 保存先を選択