松山ケンイチさん主演の実写映画『珍遊記』の気になる映像が早くも本邦初公開! ナレーションはOVAに引き続き、『北斗の拳』『ドラゴンボール』などで有名な声優・千葉繁さんが担当!

ニュース
2015.12.18
映画『珍遊記』の気になる映像が早くも本邦初公開!

映画『珍遊記』の気になる映像が早くも本邦初公開!

 1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎先生による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、まさかの実写映画化!映画『珍遊記』は、2月27日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショーとなります。

 映画『珍遊記』の主演を務めるのは、『デスノート』のL、『デトロイト・メタル・シティ』のヨハネ・クラウザーⅡ世、「ど根性ガエル」のひろしなど、一癖も二癖もあるキャラクターに果敢に挑戦し、見事に演じ切ることで定評のある、松山ケンイチさん。脚本に『銀魂°』『おそ松さん』で有名な放送作家・松原秀氏が抜擢。12月11日(金)に公開決定が報じられるやいなや、Yahoo!TOP見出し掲載を始め、Twitterでは“松山ケンイチ”が6時間以上トレンド入りを果たしまた。ツイート数もわずか10時間で2万5千超え、Yahoo!「話題なう」では“珍遊記”の1位をはじめ “松山ケンイチ”が3位&“画太郎”も7位にランクインするなど日本列島は狂喜乱舞の大騒ぎとなりました。そんな興奮さめやらぬ中、本作の一端が垣間見られる映像が早くもお披露目に! 本日、特報映像が初めてベールを脱ぎます!
 



 映像の冒頭では、本作の配給元である東映のマークがまさかの“うんこ”にトランスフォーム(湯気付き!)し、当時のジャンプ・コミックスの書影や原作の名場面も散りばめられた。気になる映画の映像からは、山田太郎(松山)の全裸姿、虎柄パンツ姿という原作でお馴染みのいでたちで、変顔やお尻のどアップ、「身、出ちゃったかな?」ととぼけ声でお尻を手で押さえるなど、お下劣ネタ満載な原作の世界感を忠実に再現していることが確認できます。山田太郎以外のキャラクターも一瞬登場するが、映画の全貌は未だベールに包まれたまま。今後の続報に注目していきましょう!

 尚、OVA「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」に続いて俳優・声優の千葉繁さんがナレーションを担当。「ハイスクール!奇面組」「北斗の拳」「ドラゴンボール」「ONE PIECE」など週刊少年ジャンプ掲載作品アニメへの出演が多い千葉が、超ハイテンションで喋りまくります。
 また、先日お披露目されたティーザービジュアルが、チラシ&ポスターとして本日から劇場にて配布&掲出予定なので、要チェック!

<少年ジャンプ+情報>
 実写映画化決定記念として、12/24(木)PM11:59までの期間限定で、漫画アプリ「少年ジャンプ+」にて「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」1巻を無料配信!

>>iOSアプリ
>>Androidアプリ
>>WEBサイト

<STORY>

天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘は、偶然立ち寄った家のじじいとばばあに、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎を引き取り、何の因果か共に旅をすることに――果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか(いや、出来ない!)?

<CREDIT>

主演:松山 ケンイチ
監督:山口 雄大 
原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)
脚本:おおかわら/松原 秀
企画・総合プロデューサー:紙谷 零
制作プロダクション:DLE
配給:東映

>>公式サイト
>>公式twitter(@chinyuuki_movie)
>>公式facebook
>>公式Instagram

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択