吉田山田「光と闇」ツアー終幕「最高の背中を見せて歩いていく」

レポート
2015.12.20
「吉田山田ツアー2015冬~光と闇~」東京・TOKYO DOME CITY HALL公演の様子。(撮影:岩﨑真子)

「吉田山田ツアー2015冬~光と闇~」東京・TOKYO DOME CITY HALL公演の様子。(撮影:岩﨑真子)

吉田山田が昨日12月19日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて全国ツアー「吉田山田ツアー2015冬~光と闇~」最終公演を実施した。

定刻を迎え、バックバンドを従えてステージ上に登場した吉田山田が最初に披露した楽曲は「魔法のような」。客席から自然と沸き上がった手拍子に合わせて2人は丁寧に同曲を歌い上げた。最初のMCで山田義孝(Vo)は「『闇』という漢字の中には、『音』という漢字が隠されていることに気付きました。それをヒントに考えた特別な演出で何曲か演奏します」と宣言し、ステージ上が淡いキャンドルの光に照らされる中、「ルーとナンシー」を歌唱する。その後も2人は明るさを抑えた照明の中で「キミに会いたいな」「日々」といったミディアムテンポのナンバーをじっくりと歌い上げ、オーディエンスを魅了した。

計6曲を歌い終えたところで照明が明るくなると、吉田結威(G, Vo)は「演奏する側も暗くして音に集中することで、新たな発見があった」と、今回のツアーならではの演出に手応えを感じていることを明かした。山田が「ここから飛ばしていくよ!」と話すと、彼らの最新シングルの表題曲「未来」からライブを再開させた。彼らは序盤とは打って変わってアップチューンを連投。「イッパツ」歌唱の際には、2人の動きに合わせて観客が一斉にタオルを回し、会場内が一体感に包まれた。「僕らの心の中の一部を歌にできた」という紹介とともに新曲「母のうた」を歌ったあとは、山田の「YESかNOで答えて! いけますか!」という呼びかけにオーディエンスが「YES」と返すやり取りから「YES」をパフォーマンスし、ライブ終盤に向けて、フロアのテンションを引き上げていく。ライブ本編のナンバー「Today,Tonight」歌唱の際には、吉田が「この曲は映画『僕と坊さん』との出会いがなければ生まれない曲でした。この1年、音楽以外のこともたくさん経験してきましたが、それがすべて音楽につながっています」と、今年1年の活動が充実していたことを伺わせていた。

アンコールでは吉田山田が4月より47都道府県ツアーを実施する旨が発表され、会場内は祝福ムードに。山田はファンに向けて「僕らは最高の背中を見せて歩いていきます。だから皆さん、これからもついて来てください」とメッセージを送り、ツアーを締めくくるナンバー「約束のマーチ」をファンにプレゼント。歌唱後、吉田山田の2人はバンドメンバーとともにフロアに向けて深々とお辞儀をし、彼らの全国ツアー「吉田山田ツアー2015冬~光と闇~」は大団円を迎えた。

ライブ終了後、吉田は4月より実施される47都道府県ツアーについて「今回8カ所回っただけでいろんなドラマがあったから、47カ所回ったら僕らがまだ想像できないことが起こるんじゃないかなと思っています。だからどんなことが起こるのかが楽しみですね。でも間違いなく終わったあとに充実感はあると思う」とコメント。また山田は「もう1皮も2皮もむけないといけないと実感してるんです。もちろん47都道府県ツアーも楽しみながら回るんですけど、自分の殻を破る修行の期間になると思っています。だから1年後の自分たちがどうなっているのか、期待感があるんです」と、2016年の活動への意気込みを明かした。

吉田山田「吉田山田ツアー2015冬~光と闇~」
2015年12月19日 TOKYO DOME CITY HALL セットリスト

01. 魔法のような
02. ルーとナンシー
03. タイムマシン
04. キミに会いたいな
05. 航海
06. 日々
07. 未来
08. イッパツ
09. 天使と悪魔
10. ツボミ
11. OK
12. 母のうた
13. YES
14. フリージア
15. ガムシャランナー
16. Today,Tonight
<アンコール>
17. 明日がくるよ
18. ORION
19. カシオペア
20. 約束のマーチ 

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択