go!go!vanillas、“4人の音”届けた新メンバーお披露目ワンマン

go!go!vanillas「HIGH!HIGH!」の様子。(撮影:浜野カズシ)

go!go!vanillas「HIGH!HIGH!」の様子。(撮影:浜野カズシ)

go!go!vanillasが昨日7月15日に東京・下北沢SHELTERでワンマンライブ「HIGH!HIGH!」を開催した。

7月4日に東京・LIQUIDROOMにて実施されたワンマンツアー「バイリンガールとマザーアイランドツアー」のファイナル公演をもって、ギターの宮川怜也がバンドを脱退したgo!go!vanillas。15日のライブは新ギタリストが加入してから初めてのステージとして行われた。

満員の下北沢SHELTERに新ギタリストを迎えたgo!go!vanillasが登場。「始める前に一言だけ言わせてください! みんなもいろいろ思うことはあると思うけど、まずはこの4人の音を感じて楽しんでいってくれ!」という牧達弥(Vo, G)の言葉からバンドは「アクロス ザ ユニバーシティ」「エマ」を連投しライブをスタートさせた。熱のこもった演奏を衝動的に届けていくバンドに導かれ、観客は元気よく手を上げて飛び跳ねていた。

牧は急遽決まったというこのライブについて「怜也の脱退表明があって、まだ早いんじゃないか?って思う人もいるかもしれないけど、僕たちはこれからも続けていくバンドだし、もっと楽しいことをやっていきたいからこそ、今日やろうと決めました」と開催理由を語ったのち、新ギタリストを紹介。新メンバーは「初めまして柳沢進太郎です! 喋るのがあんまり得意じゃないので、ギターのプレイで今日から僕の気持ちを表していこうと思います!」と少し緊張した面持ちで威勢よくオーディエンスに挨拶した。そしてバンドは「またここから始めようよ」という歌詞がつづられた楽曲「人間讃歌」を力強く届けた。

MCでジェットセイヤ(Dr)は「そんなもんじゃ足りねえな! 足りねえよ! 最高のテンションでぶち上げようぜー!!」とファンを煽る。そして4人は声を合わせて「ハイテンション!!」と叫び、アッパーチューン「ハイテンション」を披露。続けて投下された「マジック」では柳沢進太郎(G)が奏でる軽やかな裏打ちに誘われて、オーディエンスは体を揺らしたりジャンプしたりとさらに熱気を帯びていく。曲中には長谷川プリティ敬祐(B)がステップを踏みながら柳沢に近づき、2人で目を合わせて楽器を弾く和やかなシーンも見られた。

ライブ終盤のMC中に観客が柳沢に向けて「なんて呼ばれたい?」という質問を飛ばすと、複数のファンから「しんちゃん!」という声が上げる。柳沢は「じゃあ、しんちゃんでよろしくお願いします」と照れ笑いしながら答えていた。彼について牧は「こいつは本当にいいギタリストだし、一緒にこのバンドででかくなっていこうっていう誓いを立てました」と語る。そして「いろんな高みを目指して、いろんな山を登っていかなきゃいけないと思ってます。その頂を一緒に目指してもらってもいいですか?」とファンに問いかけてから、4人は「ライクアマウンテン」を披露した。本編最後に牧はグルーヴィな演奏に乗せて、ステージに立っている喜びを噛みしめるように「オリエント」を歌い上げた。

アンコールで牧は9月16日にメジャー2ndシングル「カウンターアクション」をリリースすることを発表。観客から大歓声が上がる中、エッジィなイントロから同曲が初披露され、サビでは牧のパワフルなボーカルと柳沢の美しいファルセットのハーモニーが場内に響き渡った。牧が「バニラズこれからもどんどん進んでいくのでよろしく!」とファンに改めて挨拶をしたあと、4人はライブの最後に全員で肩を組んで一礼した。

go!go!vanillas「HIGH!HIGH!」
2015年7月15日 下北沢SHELTER セットリスト

01. アクロス ザ ユニバーシティ
02. エマ
03. 人間讃歌
04. サマータイムブルー
05. トワイライト
06. ハイテンション
07. マジック
08. バイリンガール
09. ライクアマウンテン
10. オリエント
<アンコール>
11. カウンターアクション

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択