長友佑都が母校・東福岡のユニフォーム姿で後輩にエール


サッカー日本代表の長友佑都選手が12月25日、東京都内で開催されたナイキ主催のセレクションイベント「NIKE MOST WANTED」に特別スカウトとして参加。イベント終了後、取材陣の前で人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン2016」をプレイした。

長友は、「ウイニングイレブン2016」で配信中の高校サッカー名門校のユニフォーム“HIGH SCHOOL PACK”のEDITデータを使用し、所属クラブであるインテルの選手たちに母校・東福岡高校のユニフォームを着用させて対戦を楽しんだ。

プレイした感想について長友選手は「選手一人ひとりの特徴をとらえていて、動きがとてもリアル。思い入れのある母校のユニフォームを使えるのもうれしいですね」とコメント。長友選手の母校・東福岡高校は冬の全国大会で、夏の全国王者として夏冬連覇を目指す。

「母校の後輩が活躍する姿はうれしい。いつも気にしているし、最高の試合をして、夢をつかんでほしいです」と長友選手からエールを受けた東福岡高校。大会初戦に勝利を収めた同校は1月2日の2回戦、千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムで新潟代表・新潟明訓高校と対戦する。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択