『VIVA LA ROCK 2023』同時開催の有料生配信『ビバラ!オンライン 2023』配信ラインナップ第2弾を発表 全61組のタイムテーブルも公開に

ニュース
音楽
2023.4.28
『ビバラ!オンライン 2023』

『ビバラ!オンライン 2023』

さいたまスーパーアリーナにて毎年GWに開催しているロックフェスティバル『VIVA LA ROCK 2023』。今年は10回目のアニバーサリーとして5月3日から5月7日の5日間連続開催となるが、本日・4月28日(金)、同時開催される有料生配信『ビバラ!オンライン 2023』の配信ラインナップの第2弾発表とともに、タイムテーブルが公開された。

有料生配信『ビバラ!オンライン 2023』は、『VIVA LA ROCK 2023』からのライブの配信に加え、出演アーティストとのトークセッションも配信される。今年の配信ラインナップは、今回第2弾として発表された18組を併せて総勢61組。公式サイトではタイムテーブルも発表となった。当日配信以外にも見逃しアーカイブ配信も実施するとのこと。

なお、4月30日(日)23:59まで、通常チケットよりもお得な早割チケットの販売を実施中。「1日券」と、2日分の価格で5日分すべてが視聴可能という「5日通し券」を販売中。

また、『VIVA LA ROCK 2023』に関して、GARDEN STAGEの一部アクトについて入場整理券を発行する旨がアナウンスされた。プロデューサー鹿野 淳からの開催直前メッセージとともに、公式サイトにて告知されている。

チケットはイープラスほか各プレイガイドにて先着制にて販売中。一部の券種は既にソールドアウトしている。なお、2023年も小学生以下のキッズは、保護者同伴の下、保護者1名につき1名まで入場無料になる。

『ビバラ!オンライン 2023』配信ラインナップ

■5月3日(水祝)
ano / 大森靖子 / 岡崎体育(NEW!)/ KEYTALK(NEW!)/キュウソネコカミ / THE KEBABS(NEW!)/ SHISHAMO(NEW!)/ SKY-HI / Chilli Beans. / This is LAST / Novel Core / moon drop(NEW!)/WurtS

■5月4日(木祝)
秋山黄色(NEW!)/ androp / KANA-BOON / スガ シカオ / TAIKING (Suchmos)  / Dios / TENDRE / dawgss / Bialystocks / BE:FIRST / VIVA LA J-ROCK ANTHEMS(NEW!) / FIVE NEW OLD / BREIMEN / ROTH BART BARON(NEW!)

■5月5日(金祝)
4s4ki / Ochunism / ODD Foot Works / ORANGE RANGE / Creepy Nuts / Saucy Dog / 水曜日のカンパネラ / DISH// / 
フレデリック(TALKのみ)(NEW!) / にしな(NEW!)/ 黒子首 / Lucky Kilimanjaro

■5月6日(土)
大宮セブン / coldrain / サバシスター / ジェニーハイ(NEW!)/ シンガーズハイ / the dadadadys / CHAI / 東京スカパラダイスオーケストラ(NEW!) / totemぽぉる(BRAND-NEW BAND STORYグランプリバンド)(NEW!) / Panorama Panama Town / the band apart / ヤングスキニー

■5月7日(日)
ART-SCHOOL(NEW!) / KALMA / Suspended 4th / 四星球(NEW!) / the telephones / ドミコ / Dragon Ash(TALKのみ)(NEW!)/ 04 Limited Sazabys(NEW!) / bokula. / ROTTENGRAFFTY(NEW!)

※ライブ全編ではなく、一部のみ配信のアーティストもいるため詳細は公式サイトにて。

イベント情報

『ビバラ!オンライン2023』

■オフィシャルサイト:https://vivalarock.jp/2023/online/
■生配信
5月3日(水祝)、4日(木祝)、5日(金祝)、6日(土)、7日(日)
日によって入場・開演・終演時刻が異なります。タイムテーブルをご覧ください。
■見逃しアーカイブ配信
各プラットフォームによって異なります。詳細は公式サイトをご確認ください。
■早割
1日券=2,500円(税込)
5日通し券=5,000円(税込)☆なんと2日分の値段で5日分観れます!
【販売期間】ただいま発売中〜4月30日(日)23:59まで
■通常
1日券=3,000円(税込)
5日通し券=6,000円(税込)☆なんと2日分の値段で5日分観れます!
【販売期間】1日券:5月1日(月)0:00〜各日見逃しアーカイブ配信終了日の12:00まで
5日通し券:5月1日(月)〜5月9日(水)12:00まで
※FODのみ5月10日(木)12:00まで
※配信プラットフォームによって各種手数料が異なります。各販売サイトをご確認ください。

『VIVA LA ROCK 2023』

■公演日:2023年5月3日(水祝)、4日(木祝)、5日(金祝)、6日(土)、7日(日)
■会場:さいたまスーパーアリーナ

 
■出演アーティスト
5/3(水祝)
ano / Amber's / UVERworld / 大森靖子
 / THE ORAL CIGARETTES / 岡崎体育 / 片平実(Getting Better) / KEYTALK / キュウソネコカミ / THE KEBABS / go!go!vanillas / SHISHAMO / SKY-HI  / Chilli Beans. / This is LAST / Tele / Novel Core  / Hakubi / MY FIRST STORY / マカロニえんぴつ / moon drop / 森 大翔 / WurtS
 (五十音順)

 
5/4(木祝)
Aile The Shota / 秋山黄色 / androp
 / KANA-BOON / キタニタツヤ / クリープハイプ / スガ シカオ / TAIKING (Suchmos)
DJ石毛&ノブ (the telephones)
 / Dios / TENDRE / dawgss / Vaundy / Bialystocks  / BE:FIRST / VIVA LA J-ROCK ANTHEMS【Ba:亀田誠治/Gt:加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)/Dr:ピエール中野(凛として時雨)/Key:伊澤一葉】FIVE NEW OLD / flumpool / BREIMEN / マハラージャン / UNISON SQUARE GARDEN / Ryu Matsuyama / ROTH BART BARON
 (五十音順)

 
5/5(金祝)
4s4ki / indigo la End / Ochunism / ODD Foot Works
 / ORANGE RANGE / Creepy Nuts / Saucy Dog / 水曜日のカンパネラ / SUPER BEAVER / sumika / そこに鳴る / DJやついいちろう / 帝国喫茶 / DISH// / XIIX / tonun /にしな / BiSH / FINLANDS / フレデリック / 黒子首 / マルシィ / Lucky Kilimanjaro / 凛として時雨
 (五十音順)

 
5/6(土)
打首獄門同好会 / ELLEGARDEN
 / エレファントカシマシ / 大宮セブン / coldrain / 小林私 /サバシスター / ジェニーハイ / シンガーズハイ / the dadadadys / CHAI  / DJピエール中野 / TETORA / 東京スカパラダイスオーケストラ / totemぽぉる(BRAND-NEW BAND STORYグランプリバンド) / バックドロップシンデレラ / Panorama Panama Town / ハルカミライ / the band apart
マキシマム ザ ホルモン / ヤバイTシャツ屋さん
 / ヤングスキニー / 夜の本気ダンス
(五十音順)

 
5/7(日)
ART-SCHOOL / ACIDMAN / KALMA
 / Ken Yokoyama / コロナナモレモモ(マキシマム ザ ホルモン2号店) / Suspended 4th / SiM / 四星球 / DJダイノジ / Dizzy Sunfist / the telephones / 10-FEET / ドミコ / Dragon Ash / Nothing's Carved In Stone / ねぐせ。
04 Limited Sazabys / BRAHMAN / HEY-SMITH / bokula.
 / ザ・リーサルウェポンズ  / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / ROTTENGRAFFTY
(五十音順)

VIVA LA ROCK 2023:GARDEN STAGEの入場に関して
ならびに、一部アクトの入場整理券発行について
GARDEN STAGEでのライブに関して、お知らせです。
このステージは、VIVA LA ROCK 2023のを持っている方も、を持っていない方も、どちらのみなさんも自由にご観覧いただけるステージになりますが、GARDEN STAGEのある人工芝スペースに関して、ステージ最前エリアに「VIVA LA ROCK 2023のリストバンドをつけている方(をお持ちの方)の優先入場エリア」を設けます。
また、事前にお問い合わせの多かったアーティストのライブに関して、混乱を避けるため、入場整理券を発行することにしました。なお、入場整理券の配布は、VIVA LA ROCK 2023のをお持ちの方に限らせていただきます。
整理券発行の詳細につきましては、5月1日もしくは2日に発表させていただきます。直前のご案内となりますが、本サイト並びにビバラのSNSアカウントにて情報をチェックしていただけますよう、よろしくお願いいたします。
 
絶賛発売中!残り僅少!
ビバラ公式アプリからのお申し込みはもちろん、各プレイガイドよりご購入いただけます。
すでにソールドアウトしている券種もございますので、お早めにお買い求めください。
なお、2023年も小学生以下のキッズは保護者同伴の下、入場無料です!
【VIVA LA ROCK 2023 一般発売(先着制)】
料金
5日通し券:44,000円(税込) ※1日分お得!
2日券各種:20,000円(税込)
1日券:11,000円(税込)
※既に完売している券種もございますので、お早めにお求めください。
【重要】購入に際して
・先着制での販売です。おひとり様4枚までご購入いただけます。
・中学生以上の方はが必要です。小学生以下の方は、保護者同伴の下、保護者1名につき1名まで入場無料です(入場時に身分証を確認させていただくことがありますので、 当日、保護者の方はお子様の保険証などをお持ちください)。2人目からは有料となります。
・その他、公式サイトのTICKETページに掲載しております注意事項を必ずご確認の上、をご購入ください。
■VIVA LA ROCK 2023公式アプリ
・iOSをご利用の方:https://apps.apple.com/jp/app/viva-la-rock-2023/id1454487644
・Androidをご利用の方:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.eplus.vivalarock
■イープラス https://eplus.jp/viva/

■主催・制作:(株)FACT /(株)ディスクガレージ /(株)イープラス / ソフトバンク(株)
■制作:さいたまスーパーアリーナ
■後援:埼玉県 / さいたま市 / 浦和レッズ
■協賛:ファミリーマート / LIVE DAM AiR  第一興商 /  サッポロビール(株) / コカ・コーラ / GLAB. / デジマート
■協力:一般社団法人さいたま新都心エリアマネジメント
■お問い合わせ:ディスクガレージ  https://www.diskgarage.com/form/info_

 
■オフィシャルHP:https://vivalarock.jp
■Twitter:@vivarockjp
■Instagram:vivalarock
■Facebook:https://facebook.com/vivalarock.since2014
■YouTube:https://www.youtube.com/c/VIVALAROCK_official

プロデューサー・鹿野 淳によるメッセージ

5月3日からのVIVA LA ROCK開催まで、あと5日となりました。4年ぶりに復活するビバラの屋外フリーエリアVIVA LA GARDENの開幕は、いよいよ明日、4月29日です。

2021年と2022年の開催はさいたまスーパーアリーナの中のみでの開催でした。そもそも開催できたことも、成功を果たせたことも、参加者と埼玉県のおかげであり、とても実りあるフェスティバルになったと思っていますが、同時に会場付近の街と触れ合うことができなかったのは、とても寂しいことでした。その意味では今年は、本当に久しぶりにVIVA LA ROCKが埼玉県自体や街と触れ合い混じり合う機会になります。どうかそれを全身全霊で楽しんでもらうと共に、くれぐれも上手く付き合ってもらいたいと思います。VIVA LA GARDENは入場無料のエリアです。近隣の方々にもビバラを知っていただき、触れ合ってもらいたいと思い、このような場所を作り続けています。そういう方々とビバラ参加者のみなさんの間には、目的やテンションの違いがあるかもしれません。そのことを自覚した上で、行動していただきたいと思います。何よりも健康な状態で来ていただくことが、一番大切なことだと思います。

VIVA LA GARDENの復活のみならず、今回のビバラは多くの挑戦をしているつもりです。
すでにお伝えしている「マスクの着脱は完全に任意」であることをはじめとして、今回のビバラは行動制限をかけません。そもそもこのフェスは行動制限が少ないフェスですし、そう認識されていたことと思います。それはロックフェスという場所の自由さというのは、便利さを追求するためにルールで縛っていくようなものではないし、ロックがここまで積み上げてきた数々の遊び方は、その時々の願いや理由があったからこそ今に受け継がれてきたものなので、そのことを尊重したいと思っているからです。
しかしコロナ禍を経て、改めて、フェスやライヴに対する様々な感情や考え方があることを我々は実感しましたし、楽しみ方も変わった部分があるんじゃないかと思います。そういう中で再び多くの制限やルールを撤廃していくのは、無邪気にやっていることではありません。安直に自由を掲げているつもりもなく、とても大きな賭けだと思っています。だからこそ、みなさんの理解と協力が必要ですし、その上で「あーやっぱりフェスって自由でいいものだな」、「音楽を生で体感することは、かけがえのない興奮や感動を覚えるものだな」と思い合う現場にしたいのです。今回の、本来の姿に戻るであろうビバラは、今後に向けての壮大なスケールによる挑戦です。5日間で12万人以上の方々が参加するというのは、必然的に今後のエンターテイメントに大きな影響を及ぼすことになるかと思います。この挑戦を共に成功させるために、みなさんにお願いすることは大きくはたった2つだけです。

「とにかく健康な状態で来てください。残念ながらそうでない場合は、参加を控えてください」
「思いっきり遊ぶのではなく、思いっきり遊び合ってください。自分だけでなく、他者を尊重した上で遊んでください」

これだけ、たったこれだけのことが100%実現できれば、とんでもなく最高なフェスが生まれます。これさえ守ったり感じ合ったりすることができれば、マスクがあってもなくても心配ないし、声を出したり盛り上がっても不安が募らないし、さらに言えば、席取りのために荷物を放置したりすることもなくなります。そう、上に書いた2つのことは、今に始まったことではなく、いつだって大切なことです。どうかご理解いただき、今年のフェスの自由を楽しんで欲しいと思います。

ご来場いただく前の確認ですが、10回目のビバラもさいたまスーパーアリーナを一番大きく使用する「スタジアムモード」での開催となります。

STAR STAGEとVIVA! STAGEは同じスケールのステージが横並びで配置されています。アリーナ面のどこからも両方のステージのライヴが観えるように設定しています。焦らずに、その時々でのご自分の居場所を決めて楽しんでください。ちなみに、PAや照明のブースよりも前の「前方エリア」は、STAR STAGEは向かって左側、VIVA! STAGEは向かって右側に「うっとりエリア」というスペースがあります。このエリアはゆっくりと静かに前方エリアでライヴを見たい人のためのものです。このうっとりエリア内でのモッシュやダイブをはじめとする激しい運動行為は禁止します。通常エリアとうっとりエリアの間には柵を設置するとともに、その柵にいくつものピンク色の風船を取り付ける予定です。その風船をエリアの目安にしてください。

とにかく最初から最後までその日のビバラを楽しんで欲しいと、心から願っています。それがベストであることを証明するタイムテーブルを今年も組みました。なので、休息や水分補給やフェス飯を食べることも大事です。そのために200LV、400LV、500LVの広大なコンコース(廊下)に、許す限りのテーブルと椅子を配置しました。VIVA LA GARDENとして使用するけやきひろばも、1階プラザという広場(GARDEN STAGEや飲食ブースが立ち並ぶ階のひとつ下です)にテーブルと椅子をたくさん並べました。どうか譲り合ってご使用ください。

クロークは、今回から帰宅時にそのままバッグとして持ち帰ることのできる素敵なオフィシャルクロークバッグ(80L:1,500円)を作りました。こちらはビバラ公式アプリからの事前購入制です。今まで同様のビニール袋(70L:1,000円)でのクローク使用も可能です。ちなみに複数日参加される方は、購入したクロークバッグを持参すると、購入時の指定日以外も、ビニール袋と同等の料金でクロークを利用することができます。詳細はクロークの項目をご覧ください。

GARDEN STAGEの5月3日から7日までの音楽ライブに関しての報告もあります。
このステージはVIVA LA ROCK 2023のを持っている方々と、を持っていない方々のどちらのみなさんも楽しめるエリアです。いろいろ考えた上で、今回はGARDEN STAGEがある人工芝ゾーンにおいて、ステージ最前エリアに「ビバラのリストバンドをつけている方々の優先入場エリア」を設けます。そして、事前にお問い合わせが多かった何組かの出演アーティストに関しては、混乱を避けるため、整理券を発行しての入場を試みます。詳細は5月1日もしくは2日にアナウンスしますので、ご確認ください。よろしくお願いします。

4月29日からのVIVA LA GARDENは、走りたい気持ち満々のティラノサウルスやゆるキャラ、お子さんに大人気のふわふわ、お笑い、美味しいご飯やビールやドリンクなどと共にお待ちしています。
5月3日からのVIVA LA ROCKは、最高の音楽、アーティスト、バンドマンらと共に、諸手を挙げてお待ちしています。
元気に! 健康に!! 優しく!!! 一緒に遊びましょう!

あなたの春とビバラの春が、完全に1つになる日々を楽しみにしています。

鹿野 淳(VIVA LA ROCK プロデューサー)
シェア / 保存先を選択